最短90日で実際のビジネスで使える英語が話せるようになるコース

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

当ジムは、

「学生時代の勉強はそこそこできたけど、英語だけは話せるようにならない。でも今は仕事が忙しくて時間が作れず、何をやったらいいか調べる時間もない…」

とお悩みのビジネスパーソンが、戦略的・計画的な英語学習方法に基づいた課題を毎日こなしレッスンを受けるだけで、最短90日で実際のビジネスで使える英語が話せるようなるビジネス英会話パーソナルジムです。

指導した生徒さんから、こんな感想をいただいています。

「今年に入って決まったアメリカ出張を機に『英語を勉強しよう!』と腹をくくりました。結果、90日前の自分とは比べ物にならないくらい、外国人と話すことに抵抗がなくなりました。

自分の話したいことがとっさに出てこなくて、もどかしくなることもありますが、単語を繋げて自分の言いたいことは伝えられています。

同僚たちから『いつの間にそんなに英語が話せるようになったの?』と驚かれています。コロナでアメリカ出張は延期中ですが、あのとき『英語を勉強しよう!』と決断して本当に良かったです」

もし、この方が英語に真剣に向き合おうと決断しなければどうなっていたでしょう?アメリカに出張すれば話せるようになる?多くの場合、出張は仕事であり英語の勉強の場ではありません。英語ができない状態で海外出張に行ったらどう思うでしょう?

「もしあのときから英語の勉強を続けていれば…」と後悔してしまうのです。

過去に英語を勉強しようと思ったことがある人で、「もしあのときから勉強をし続けていれば、今ごろは英語が話せるようになっていたなあ…」と思う人は、実際とても多いです。

私の教えた生徒さんもこのように話される方は多く悲しくなってしまうことがあります。だから私はいつも皆さんに言っています。

いつでも、英語を始めるタイミングは明日でも来月でも来年でもありません。「今」がベストなんですよ、と。

だから今、「もしあのとき勉強を続けていれば、今頃は英語が話せるようになっていたかなあ…」とあなたが思っているようであれば、それは今があなたが英語を始めるベストタイミングということなのです。

あなたも聞いたことがあるでしょう。英語は継続すれば誰でも話せるようになります。問題はその「継続」することが一番難しいのだ、と。

そんなあなたに当ジムをおススメします。なぜなら当ジムは「継続できるビジネス英会話ジム」だからです。

さらに、正しいやり方で英語を学べば短期での習得も可能です。当ジムで「正しいやり方の学習を継続」してください。これから短期間で英語を話せるように使えるようになりたいあなたにはピッタリですよ!

先日、ある生徒さんに嬉しいお話をしてもらいました。

「英語ができるようになって、同期より確実に一歩前に出たと感じました」と。

素晴らしい!私も嬉しいです!

 

将来のために英語を学ぶ

今回は、この感想をいただいた生徒さんのご紹介をします。
名古屋市在住、大企業勤務。35歳の男性生徒さんです。

英語で海外赴任へ!同僚より一歩リードした 35歳男性会社員

彼は先日、ビジネス英会話のコースを終了したのですが、同時に希望されていた海外赴任が決まりました。

おめでとうございます!

この方(35歳男性・会社員)実は全く英語と関わりのないお仕事をされています。それどころか「学生時代から人生で英語は避けてきた」と豪語(?)するほど。

学生時代の勉強はできたが、英語を話すのは全くダメ!就職活動でも、英語を使わない、英語が必要ない企業しか受けなかったんだとか。

将来、性能の良い翻訳ソフトやアプリができるだろうから、自分が英語を話せなくても困ることはないだろう、と高を括っていたそうです。

そしてそれは間違っていません。

様々な翻訳アプリは無料で使えますし、Google翻訳の性能も上がってきています。またポケトークなどの翻訳機も出てきています。海外旅行で道に迷っても、困ることはなさそうです。

しかし、この生徒さんの「英語を勉強する目的」は違いました。

ある日、ふと仕事中に社内を見渡したそうです。周囲には上司や同僚、後輩や同期、たくさんの社員が働いています。

この方は名古屋では誰でも知っている大企業勤め。同期の数も多いんだとか。

その時、こう思ったんだそうです。

「今、たくさんの同期・同僚たちと自分はドングリの背比べ状態だ。でも、ずっとこのままでいいんだろうか…?このまま行ったら将来どうなるんだろう?」

考え出したら怖くなってしまった、と。そして、

「どうしたらこの中から一歩リードできるだろうか?」

彼の同期・同僚は彼と同じく英語を避け、英語から逃げてきた方が多いそうです。なので、社内での「海外駐在員募集」にもなかなか希望者は集まらない。

彼は決断しました。

「誰も行きたがらない海外に行けば、同期や同僚から確実に一歩リードできる!そのためには…英語だ!」

こうして彼は、将来のために人生であれだけ避けてきた英語に向き合う決断をしたのです。

毎日の忙しい時間の合間を縫って膨大な課題をこなし、週に2回レッスンに通いました。「英語を勉強していて今晩はクラスがあるので残業できません」と上司に許可を取りつつ、同時にアピールにもしていたそうです。

その結果が、

海外赴任の決定。
しかも赴任地は世界の中でも有数の大都市。

明らかに、同期・同僚から一歩リード。なぜなら、今でも彼らは英語から逃げているままだから。彼は、将来の昇進と昇給の道を自分の力で切り開いたのです。

今は英語の勉強も細々と続けながら、赴任地の言語を学んでいます。

赴任地では現地の語学学校にも通うそうです。でもそこは「英語で現地語を教えてくれる学校」なんだとか。

「前任者に聞いたのですが、その語学学校での共通語は英語なんだそうです。もちろん授業も英語です。日本人学生は英語ができないから授業の理解度も高くなく、他国の学生とのコミュニケーションも取れないよって言われましたが、僕は大丈夫そうです。英語ができるようになっておいて本当に良かったです!」

とお話ししてくれました。

こんなお話をしてくれる生徒さんが増えていくのが私の幸せです♡

 

ビジネス英会話って誰でもできるようになるの?

なぜこの生徒さんは、決意してからトントン拍子に事が運んだのでしょう?

まず “35歳” という年齢での一念発起。遅くもなく早くもないベストなタイミング(本人は遅かった、とお話しされていましたが、私は「ベストタイミング」だったと思います)

そして社内での海外駐在員募集を見て決断し、すぐに「英語を学ぼう!」と行動を起こしたこと。

コロナウイルス騒動のため、募集自体もあやふやな状態が続いていたそうですが、集中力を切らさなかったこと。

上司へのアピールも効果があったかも知れません。

しかしなにより、強い目的意識と強い意志で毎日課題をこなし続けたことが、彼を同期・同僚の一歩先へと導きました。

彼のような強い意志の持ち主だからできたことだと思いますか?

違います。

彼は自身のことを「自分は飽きっぽい人間だ」と言っていました。彼とは本当にたくさんのことをお話ししましたが、確かにそう(飽きっぽい)かも…?と思うこともありました。

それでも英語の勉強は続けることができました。

彼は今では、英語ネイティブとの会話も問題ありません。「人生で英語を避けてきた」状態からのスタートとしては上々ではないでしょうか?

彼が特別なのではなく、実は英語は、もちろんビジネス英語も、話せるまで継続さえすれば誰でも話せるのです。

あなたが、もし今まだ英語が話せないのであれば、それはあなたの学習意欲の問題でも能力の問題でもありません。話せるようになるまで勉強を継続しなかったから話せないです。

私は彼に、継続しやすい課題を出し続け、次が楽しくなるようなカリキュラムでレッスンを行いました。結果、彼は「話せるようになるまで英語の勉強を継続できた」のです。

英語の勉強を継続できる仕組みやコツのようなものは存在します。「飽きっぽい人間」の彼も、もちろん辛いときもあったでしょうが続けられました。仕組みがあれば飽きっぽい人でも、続けられない人でも継続できるのです。

実際、多忙なビジネスパーソンが毎日英語の勉強を継続するのは並大抵のことではありません。だからこそ継続できる仕組み、を活かすことが重要なのです。

「継続できる仕組み」を一言で言うと「楽しい」ということです。勉強は辛くても、夜眠くても、人は結果が出ると楽しいんです。

例えば、ダイエットで体重が減った!ゴルフでスコアが良くなった!

楽しくなりますよね。だから続けられます。

どんなに頑張って食事制限して運動しても体重がピクリとも動かなければ全く楽しくありません。すると続かない。やーめた、となってしまう。

彼もこう話してくれました。

「ネイティブの方と会話をしたとき『あ、わりといける』と手ごたえを感じたんです。それが楽しかった。

勉強は頑張りましたよ!とにかくインプットをしないと話せるようにならないと分かったからです。正直、言いたいことが言えずもどかしくてキツかったときもありましたから。

実は最初はオンライン英会話と迷っていたんですが…。オンライン英会話ではこう離れませんでしたね。今なら分かります。間違った決断をしなくてよかったです。」

そう、オンライン英会話はお手ごろ価格で便利なので利用される方が多いですが、彼のように「人生で英語を避けてきた」というような方にはあまりおススメできません。(もちろんオンライン英会話がおススメな方もいます)

「課題の量?多かったですが、もっと多くても良かったかも(笑)

でも自分がなりたいレベルはもっと上なので、これからも英語の勉強は続けます。『勉強のやり方』も教えてもらえたので、非常に助かりますね。自分で勉強を続けられますから。

ここまで英語ができるようになったのは大きな自信です。来期に海外赴任が決まったのですが、赴任先でも英語は役立つし、そこでは『英語で赴任国の言葉を学ぶ』スクールに通うことになるので、本当に英語を勉強しておいてよかったと思っています。

今でも同僚たちはみんな英語ができないし、これからも学ぶつもりもないのでしょう。海外赴任にもまったく興味を示していません。みんな日本で働き日本で暮らしていきたいと考えているんです。英語を避けている。

自分は彼らより、確実に一歩前に出たと感じています。

しかし、30代の同期や同僚が海外を英語を避けている。正直、この会社は大丈夫なのかな?と思い始めましたね」

彼は英語が話せるようになったと同時に、今の会社の未来にまで思いが及ぶようになってしまったようです。視野が広がったのかも知れませんね。

彼もそうですが、多くの生徒さんの指導を通して私が実感しているのは短期間で英語を話せるようになるのは可能だということ。

特に、以下のような方であれば効果はてきめんです。

短期間で英語を話せるようになるための条件

①英語を話せるようになりたい理由・目標・夢があること
②継続できること(これについては私が強力にサポートします!)
③中学英語が得意だったこと

この3点を満たしていれば、ほとんどの人が当ジムに来ることで英語を話せるようになるでしょう。私はそれだけの実績を持っています。

※ 中学英語があまり得意じゃなかったという場合、90日では難しいかもしれませんが、半年くらいで皆さんだいたい話せるようになっていきます。

 

なぜ?忙しいビジネスパーソンたちが短期で英語を話せるようになる理由

名古屋駅近く、ビジネスパーソン向けの『名古屋BEGビジネス英会話ジム』のご紹介です。

英会話 “スクール” ではなく “ジム” である理由

アメリカ企業での勤務経験を経て帰国し、日本企業で海外営業などに携わった後、名古屋にある英会話スクールの講師になりました。英語を教えることを生涯の仕事にしたい!と考えていたからです。

しかし問題がありました。

私は目の前のことは全力でやる性質で、手抜きはしない、というかできません。前の同僚にも「いつも豪速球ストレートを投げてるよね。たまには変化球とかスローボールも投げないと心身もたないよ」と言われていました。

なので、「英会話講師」の仕事にとても違和感があったんです。なぜなら、英会話だけを教えても、生徒さんは英語を話せるようにならないからです。

誤解のないようにお伝えしておきますが、英会話講師は素晴らしい仕事です。文法や発音を修正してあげる、新しい単語を教えてあげる、根気よく生徒さんの英語に耳を傾ける。

でも、英語を話せるようになるにはそれだけではダメなんです。やはり必要なのは生徒さん自身の「自己学習」。英会話スクールで会話し、自宅で自己学習をして英語力をつけて行くのがベストですが、なかなか思うようにはいきません。皆さんも思い当たることがあるのではないでしょうか?

あるとき、一人の生徒さんに大量の宿題を出しました。そしてレッスンで厳しくチェックし、できなかったところを徹底的にやり直しました。好評(?)だったのでそれを続けた結果、その生徒さんから非常に感謝されました。

彼は3ヶ月間限定でスクールに通っていたのですが、私はその3ヶ月後に彼がどうなるか非常に心配でした。スクールが終了したら英語を勉強しなくなるのではないか?3ヶ月で話せるようになっても、継続しないと忘れてしまう。となると、この3ヶ月間が無駄になってしまわないか?

なので彼にはいろんな手法を提案し、お勧めしました。

「こんな勉強法があるよ、こういうやり方もあるんだよ。これをやってみたら?あれを試してみたら?それなら合うと思うよ。レベルはこれくらいのものを選ぶといいんじゃない?」などなど。

大手英会話スクールなら次のレベルのコースをお勧めするでしょう。でも私はそうしたくはありませんでした。だって自己学習を積まないと英語を話せるようにならないのだから。それに英語の基礎や勉強方法や教材・テキスト分かったら、あとはその人次第です。

彼は独立したビジネスパーソンで、自分のビジネスを世界展開していきたいと考えていました。なので英語が必要なのです。

私はその想いに共感しました。なのでどうしても彼には英語で困らないようになって欲しかった。それには彼自身が英語の勉強を続けるしかない。

どうしたら?どうしたらいい??私にできることはなんだろう?

こんなことを考えてずっとレッスンをしていました。

最後のレッスンにいただいた言葉は、

「3ヶ月間、楽しいレッスンをありがとうございました」

あんなに厳しかったのに、宿題を出したのに、彼は楽しかった!英語を勉強するのを楽しかったと言ってくれたんです!こんなに嬉しいことはありませんでした。

そして目からウロコでした。

この時に私は決めました。

私は英会話講師ではなく英会話トレーナーになる!と。

一対一の「ビジネス英会話パーソナルジム」を作って、生徒さんたちと全身全霊で正面から向き合い、出会った生徒さんには絶対に英語を話せるようになってもらおう、と。

 

当ジムでなら、英語を継続できる理由

「英会話スクール」に通われたことがある方なら分かってもらえるかと思います。ビジネス英語を学習していく上で最も大きな壁になるのは、あなたの学習意欲でも才能でも英語の難しさでもありません。「継続性」です。

ダイエットと同じです。ダイエットも正しいやり方を継続すれば、必ず痩せることができます(病気が理由の方を除いて)しかしこの「継続性」が何より難しいのです。

毎日の運動、毎日の食事制限、毎日の体重管理…。

当ジムでは、私がたくさんの生徒さんとのやり取りから得た、「英語を継続できるための仕掛け」をレッスンに組み込んでいます。

「もしあのときから継続できていれば、今ごろは英語が話せるようになっていただろうな…」

そう思えるようでしたら、当ジムはあなたにピッタリです。

 

当ジムでなら、英語を短期で話せるようになる理由

毎日忙しいビジネスパーソンが、どうやったら90日間という短期間でビジネス英会話を身に付けることができるのか?

当ジムではオーナーである私が、生徒さん一人一人のことを把握したうえで、最初の体験レッスン・カウンセリングから日々のレッスンを最後まで指導します。そのため「情報のズレ」が発生しません。

最初に担当したカウンセラーと指導講師が異なると、せっかく生徒さんから受け取った情報が薄まってしまい、100%レッスンに活かすことが難しくなります。そのためレッスン時間は60分でも、薄い60分になってしまうのです。

当ジムでは、90日間の短期集中トレーニングだからこそ、生徒さんの情報を漏らさず薄めず最大限活用し、1レッスン60分を密度の濃い、価値のあるものにしています。

私自身、かつて英会話ではありませんがスクールに通っていたとき「あれ?これ最初に話したのに、伝わってないの?」という体験を何度もしました。また英会話講師としても、体験レッスンやカウンセリングでも話したであろうことを再度聞かなければならず、もどかしい思いもしてきました。

なので当ジムの1レッスン60分は、他のどこのスクールよりも「必要なコトだけに集中できる濃い60分」になるようにしています。それが短期でビジネス英語を話せるようになる大きな理由の一つです。

 

本当に話せるようになるの?

「90日でビジネス英語が話せるようになります!」

でもそのためには、生徒さんにはかなりの努力をしてもらわないといけません。

しかし今始めなければ、どんどん時間が流れていき、昇進したい、給料を上げたい、同期と差別化したいというとき、つまり本当に英語が必要になったときに間に合わないかも知れません。

年上の方や先輩に「あのとき英語を勉強してさえいれば…」と口にされる方はいませんか?それはもしかしたら、あなたの将来の姿かもしれません。

私には確信があります。「90日で英語は話せるようになる」と。

もちろん「話せる」にもいろいろあって、いきなりアメリカ人と英語で、今の世界経済について語り合えるようになるか?というと難しいでしょう(普通のアメリカ人にも難しそうです…)

しかし当ジムでトレーニングを積んだ90日後には、あなたが「英語を話せるんだ!」という自信を持つことができるようになります。

つまり、英語を話すことで最難関の「0→1」を超えることができます。

一度「0→1」をクリアすれば、あとは継続すれば忘れることはありません。1が2に、そして3になり4になり、10になり…と、1以降は簡単なのです。

でも「0→1」が一番難しい。

当ジムは、この「0→1」ができるようになるジムなのです。

 

中学時代、英語は得意でしたか?

「中学時代は英語が得意だったけど、高校時代で挫折した。でも今仕事で必要なのでもう一度勉強し直したい」

そう思っている方は当ジムにピッタリです。

私も中学時代は英語が得意でした。しかし高校で難しくなって挫折した一人です。

それでもアメリカで働くために、社会人になってから英語の勉強を再スタートしたとき、中学英語の基礎は本当に役に立ちました。そして結果として、私は英語を話せるようになったのです。

実際アメリカで働いていたとき分かったのですが、ネイティブでも話すときはそんなに難しい文法や構文は使っていません。実は中学英語の基礎文法で充分なのです。

なのであなたが中学時代に英語が得意で、基礎の基礎があるのであれば、90日間で英語を話せるようになるのは難しくありません(この基礎の基礎がないと、正直90日間は厳しいです…)

「中学時代の英語なんてもう忘れたよ…」

やれば思い出すので大丈夫です!私がまさしくそうでした。

あなたが中学3年間で勉強した英語の基礎は無駄ではないのです。

 

コース内容・料金・返金保証

当ジムのコース内容や料金のご紹介です。

コース内容 & 料金:

入学金:11,000円
事務手数料:3,300円

 

コース概要:
コース レッスン
(1回60分)
課題量 カウンセリング コース料金

短期集中!「90日間」コース

24回(週2回) 1日1~3時間 3回
(月1回)
288,000円
もう少しやりたい人へ「120日間」コース 32回(週2回) 1日1~2時間 4回
(月1回)
371,000円
余裕をもって「180日間」コース 48回(週2回) 1日1時間程度 3回
(2か月に1回)
468,000円

 

オプション:
オンライン復習レッスン
(1回30分)
オプション料金

短期集中!「90日間」コース

32回(週4回) 30,000円
もう少しやりたい人へ
「120日間」コース
48回(週4回) 40,000円
余裕をもって
「180日間」コース
40回(週2回) 35,000円

※すべて税込

※ご都合の悪い日のレッスンは振替可能です

※180日コースは、少し期間が長いため余裕を持ったカリキュラムになっています(レッスンは週2回ですが、カウンセリングは2か月に1回です)そのため価格が他2つのコースと比べるとお得になっております。

※180日コースは、90日/120日とコース内容が若干異なります。詳しくはお問い合わせください。

※このページに掲載しております生徒さんの感想は、私が別スクールで担当した生徒さんの感想となります。

※別途、教材費が2,000~10,000円程度かかります

※お支払い方法は銀行振り込みとなります(振込手数料はご負担ください)

オプション:オンライン復習レッスンとは?

英語を話しているとき「あ、こういう場合に使えるフレーズ、前に勉強した!でもなんだっけ、忘れちゃった…」となって話せなかったことはないですか?せっかく勉強しても、勉強したことを口から出さずにそのまま放っておくと忘れてしまうんですよね。

この「オンライン復習レッスン」は、レッスンで学んだことを実際に使うためのの復習の場です。1回30分。

担当は外国人の講師です。日本語が通じませんので、英語のみでレッスンで学んだフレーズを使って会話をしてください。勉強したフレーズを実際に口から出すことで「勉強した英語」を「実際に使える英語」に変えます。

もちろん外国人講師はあなたが今何を学んでいるのかを把握しています。一般的なオンライン英会話では、あなたのレベル、今勉強していること、何について話をしたいか?をピンポイントでは理解してもらえません。

この「オンライン復習レッスン」は、あなたが学んでいることにフォーカスした復習レッスンです。通常レッスンとオンライン復習レッスンを併用することでインタラクティブな効果を得られます。

ただし復習はご自身でも可能であるため、追加料金でのオプションとさせていただきました。

大手製造業にお勤めの36歳男性ビジネスパーソンの例)レッスン60分はこんな風に進めています!

Small Talk! 今日あったこと、週末にやったことなどを英語で簡単に話します。最初はみなさんたどたどしいのですが、慣れてくると言うことを準備してきてくれるので、だんだん会話として成り立ってきます。聞いている私も楽しい時間です。(所要時間 3~5分)

Check your homework! 前回のレッスンで出した宿題を確認します。宿題がしっかりできたか?はかなり重要です。なので確認には時間をかけています。例えば、できなかった発音はもう指導の上もう一回やり直し。分からなかった文法問題は解説します。その文法を使って英作文をしてもらうことも。またこの方は、2分ほどのプレゼンも毎回宿題に出しています。(所要時間20分)

Homework! 次回の宿題を出します。もちろん今回の宿題の内容を踏まえています。生徒さんの目指す方向性の変更によって宿題内容が変わることもあります。生徒さんに一番必要なことを常にやっています。この方は先日、シャドーイングの教材をTOEICのリスニング問題に変更しました。(所要時間5分)

Let’s Lesson! あなたが必要な英語のレッスンです。この生徒さんは、アメリカ子会社から届く「取引先の破産申請の状況」についてのビジネスメールをひたすら読み、その返信を書いています。最初は全く読めなかった英文メールが、宿題をこなすことによってだんだん読めるようになってきました。(所要時間20分)

Questions! 質問タイムです。ここでこれからの方向性を話し込んで時間がオーバーしてしまうことも…。(所要時間5分)

あなたはどんなレッスンをご希望ですか?ぜひそれを教えてください!

宿題チェックは非常に重要なため時間をかけております。

なぜかというと、あなたが毎日宿題をこなすことで大量の英語をインプットし、それが英語を話すための糧となるからです。

多くの英会話スクールはこのことについてあまり言及しませんが、このインプットなくしてスピーキングは上達しません。

あなたがしっかり毎日課題をこなしているか、課題はあなたに合っているか?量はどうか?どの程度できるようになってきているか?などをレッスンでじっくりチェックし、効率的に英語のインプットができているかを確認します。

そしてより良い教材や勉強法を探っていきます。それが短期間で英語を話せるようになる秘訣です。

※その他、あなたの状況に合わせてレッスンをカスタマイズします。

 

生徒さんに聞きました!「レッスンがない日はこんな風に勉強してます(例)」

朝、15分シャドーイングをしてから出勤。

通勤時間にリスニング15分。

お昼休みを使ってリスニング15分。

仕事が終わって帰宅。だいたい20時ごろ。週頭は余裕があるので時間がかかる文法問題をやり切る。週中以降はリスニングをしてプレゼンのドラフトを書いたり、今必要な英作文をしてそれを音読。帰宅後の勉強時間はだいたい1時間。

オンラインレッスンで外国人講師と学んだことを復習。30分。※オンライン復習レッスンはオプションとなります

寝る前にもう一度シャドーイングを10分ほど。地味にコレがきついんです。シャドーイングが得意ではないので…(シャドーイングが得意な人はあまりいません!)

(1日合計学習時間:約2時間半)

 

(例)この生徒さんに出している宿題の内容

シャドーイング:今はTOEICのリスニングセクションをシャドーイングの教材にしています。YouTube動画から、英語学習アプリから、などいろんなものをシャドーイング教材として使用しています。今のあなたに一番合うものをお選びします。

リスニング:イギリスのニュースアプリから毎回1つのトピックを課題としています。リスニングするだけではもったいないので、リスニング後はそのトピックについてのご自身の意見、経験などを2分程度でプレゼンしてもらっています。同じくTOEICの教材や動画、アプリも使用している生徒さんもいます。著名人のスピーチなども取り入れています。

文法:話すため、書くための文法です。使用しているテキストはアメリカやイギリスのネイティブのもの。解説もすべて英語です。テキストを音読したり、出てきた文法表現を基に自分に必要な文章を作ったりしています。ネイティブが使うスムーズな英語を身に付ける近道です。中学英語の基礎ができている方であれば問題なくやることができるレベルです。安心してください。

ボキャブラリー:この方は将来TOEICの受験を視野に入れているため、私用しているテキストは「金フレ」です。また、読んでいる英文メールに出てきた単語を覚えてレッスン中に復習することもあります。

その他:以上にプラスして、TOEICの長文を毎回1つずつ宿題にしています。必要であればもっと追加しますし、なければしません。

※その他、あなたのご希望に合った宿題をカスタマイズします。

 

返金保証:

当ジムには返金保証がございます。同時に、こちらから生徒さんをお断りすることもございます。

私は当ジムで行っている指導法に自信を持っています。そのため「英語が話せなくて悩んでいる、困っている、何とかしたい」という本気の方にお越しいただきたいと考えています。そのため本気でない方はお断りすることもございます。

しかしながら、料金が安くはない金額であることも理解しています。

英語が本当に話せるようになりたい方々には、当ジムのトレーニングをぜひ一度、リスクなく試していただきたいのです。

なので、リスクは私が負担します。あなたは決断するだけです。

その結果は2つ - 英語が話せるようになるか、お金が返ってくるか。当ジムは、あなたにとってリスクゼロのご提案をしたいと考えています。

もしあなたが、当ジムのトレーニング内容が合わないと感じるようであれば、ぜひ返金保証をご利用ください。笑顔で返金に応じます。

 

返金お手続き方法:

1か月目終了時のカウンセリング時:その旨お申し付けください。無条件でその日より1週間以内(土日含まず)に料金を全額返金致します。

随時:課題をやらない、指導通りの学習をしない、やる気がない、等の理由により、当ジムより継続をお断りし、返金させていただく場合もございますのでご了承ください。当ジムのお出しする課題や指導はあなたが英語を話せるようになるためのものです。その通りにやっていただけなれば上達しません。そのため、そういった方はお断り致します。

※教材費の返金はございません。

 

まずは無料体験&カウンセリングから

無料体験&カウンセリングをお申し込みください

お申し込み方法は下記よりお選びいただけます。ご質問/お問い合わせもこちらからお願いします。

お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせフォーム

 

Emailはこちら
info@businessenglishnagoya.work

 

LINEからはこちら

 

お電話でのお問い合わせ・お申込みは 080-6900-1868

 

無料体験&カウンセリングの流れ

ご来店
体験レッスン&カウンセリングは全て予約制です。ご予約した日にお越しください。

名古屋BEGビジネス英会話ジムへのアクセス名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 ここでは、名古屋駅から当ジムまでのアクセスについて詳...

カウンセリング
まずは所定の用紙にご記入をいただき、カウンセリングをします。あなたの英語を話したい目的・目標、目指したいレベル、どうなりたいのか?期限はあるのか?などを詳しくお聞きします。ここが曖昧ですと適切なアドバイスができなくなってしまうので、ぜひ本音をお聞かせください。(所要時間15分程度)

レベルチェック
今のあなたの英語レベルをチェックします。リスニング、スピーキング、リーディングの3種類です。(所要時間20分程度)

体験
あなたに合う勉強法と教材をご提案します。そのうちの一つを実際に体験してください。日々のレッスンと課題をイメージすることができます(所要時間20分程度)

学習計画のご提案
最後に、あなたに合った勉強法をカスタマイズしてご提案します。どのような勉強を、毎日どれくらいやっていけば、この程度になれる、という学習計画表のようなものです。これだけでも今後の勉強の指標になります(所要時間20分程度)

無料体験&カウンセリングでは、あなたの英語学習に必ず役に立つアドバイスをさせていただきます。今の自分のレベルを知り、どうすればどうなれるのか?を様々な生徒さんを指導し結果を出してきた講師の目線から知ることができるようになっています。

また、しつこい勧誘は一切致しませんのでご安心ください。

無料体験&カウンセリング合計所要時間:1時間半~2時間

 

トレーナー紹介

ごあいさつが遅くなりました。

名古屋BEGビジネス英会話ジム、パーソナルトレーナー兼代表の田波典子と申します。まずはここまでお読みいただきありがとうございます。

私は、中学時代はそうではなかったのですが、高校で英語に挫折しました。大学も英語とは全く関係のない学部に進みました。

そんな私が大学卒業後、友人とアメリカ旅行しました。

英語が話せるわけでもなく、大学が英文学部とかでもなく、アメリカに行ってみたいと思ったことなんかなかったのに、です。友人が「行きたい」というのでついて行きました。その期間なんと3ヶ月!

成田からサンフランシスコに入り、レンタカーを借りて、北米大陸を西から東へ横断。その後また東から西へ帰ってくる、という計画でした。アメリカに興味はなかったけど、サンフランシスコに到着したらワクワクしてました。

その3ヶ月間で、私はアメリカの半分以上の州を訪れました。のちに縁ができるアリゾナ州にも、グランドキャニオンを見るために滞在しました。

英語はできなかったけど車での移動だったのであまり不自由はしませんでした。でも、「できたらもっと楽しいだろうなあ」という場面はたくさんありました。こうやってみんな英語を勉強したいと思うんだろうなあ…。

東海岸の最終地点、ワシントンD.C. でのこと(残念ながらニューヨークまで行く時間がありませんでした)ホワイトハウス近くの道を歩いていたら、黒人のビジネスマンがすっと私の前を横切って行きました。

“Excuse me.”

今でも鮮明に思い出します。

背が高くて、黒のトレンチコート、黒のアタッシュケースを持った黒人男性でした。顔は覚えていませんが、その姿と雰囲気に魅了されました。とにかくカッコよかったんです。

「私もこんな風に颯爽とアメリカの街で働きたい!」

私の人生を一変させた、一瞬の出来事でした。

このアメリカ旅行以降、決して得意ではなかった英語を猛勉強しました。もう20年前のことです。

20年前と言えば…まだWindowsは98で、AppleはなくGoogleもまだで、インターネットは電話のダイヤル回線で、SNSもブログもありませんでした。今と比べたらなーんにもない時代でした。

そんな中、私はNHKの「ラジオ英会話」のテキストを買ってきて、ラジオの周波数をダイヤルで合わせて「ガー、ピー」と言う中で英語を聴いていました(笑)信じられないかも知れませんが、今からたった20年前の話です。今はインターネットでもクリアな音声が聞けて本当にいい時代です。

それでも限られた資源の中で必死で英語を勉強しました。朝は5時に起きて出勤前に勉強。ガーピーと雑音の入る「ラジオ英会話」をテープ(!)で録音して、繰り返し聴きました。

残業して帰ってきてからも夜は英語の勉強。英語学習アプリもなく、YouTubeもなく、英語学習ブログなんてありません。そしてそもそも町に外国人がいない(田舎だったので特に)

SNSもないので人との繋がりはリアルが全て。私は高校時代の英語の先生に会いに行って、そこで教えていたニュージーランド人の先生を紹介してもらい英語を話してもらっていました。

当時の私は、当ジムのようなサービスが喉から手が出るほど欲しかった!

英語は自分で上達が分かりにくいから、誰かに見ていてほしい。正しい勉強方法・方法を教えてほしい、時間のムダだから回り道をしたくない!これで合っているのか教えてほしい、自分は上手になっているのか教えてほしい、上手になったら褒めてほしい。アメリカに行ったことのある人に話を聞きたい、日本人が困ることって何?などなど。

それもこのジムをスタートした理由の一つです。

そして、なんとか2年後にアリゾナ州のフェニックスにある会社に転職を果たしました。

今は、英語の教材、アプリ、本やテキスト、ブログ、スクール、などありとあらゆる情報・勉強法が溢れていますね。それでも英語を話せない人はたくさんいるんです。選択肢の少なかった20年前に独学で英語を勉強した私にしたら羨ましい限りですが、結局英語は「自分の本気度」によるところが大きいのでしょう。

フェニックスでは、まずアメリカ人の英語のスピードに驚きました。日本で「英語が話せるようになった。聴き取れるようになった」と思っていましたが、とんでもない勘違いでした。日本で私と英語で話してくれた外国人は、みんなゆっくり話していてくれたのです。

しかしフェニックスにいるアメリカ人たちは私の先生ではありません。上司だったり同僚だったりです。誰も私に英語を教えてはくれませんでした。当たり前ですが。

ある日、ボス(上司)に任された仕事は、社内用ニュースレターの編集でした。Wordでページを編集します。インデントや余白を調節して、なるべくたくさんの記事をバランスよく載せなくてはいけません。

しかし当時の私は、まだWord自体を使えませんでした。その頃の日本では、WordやExcelはまだまだ浸透しておらず、「一太郎」を使ってました。(分かる人いるかな?)

仕事が進まない私を見かねたボスが、隣に座ってマンツーマンでWordの指導をし始めました。30㎝物差しでバシバシ画面を叩きながら!

しかし、です。

私はWordの使い方自体が分からない。そして英語もまだまだ。それなのに説明は英語。Wordはもちろん英語バージョン。

要するに、私にはボスの説明がほとんど分かりませんでした(涙)

ボスはイラつくばかり。私はおろおろするばかり。その光景を見ていた同僚女性は苦笑い。

だんだん悲しくなってきました。なんて私は使えない人間なんだろう、と。

英語も満足にできず、Wordを使って仕事もできない。悲しくて悲しくて、涙がポロポロ出てきました。それでもボスは手加減してくれませんでしたけど(笑)

家に帰って考えました。今のままじゃダメだ。これからWordやExcelを使った仕事なんていくらでも出てくるはず。使えるようにならなきゃダメだ、と。

そこで、地元のコミュニティカレッジのパソコンクラスに通うことを決めました。Word、Excel、PowerPointの使い方を教えてくれるクラス。

もちろん仕事が終わった後の夜間にです。

「すでに申し込んだの。来週からクラスが始まるのよ」と同僚に報告。

それを聞いていたボスは笑っていました。

クラスはもちろん英語ですが、テキストもあったし、実際にWordを使いながらの「操作」の授業なので、ついていくことができました。

クラスがある日以外も、カレッジのパソコン室で自習しました。けっこう頑張りました。もうオフィスで涙を流すことはしたくなかったですし。

その結果、Word・Excel・PowerPointを使えるようになりました。もちろん英語で、です。

これはほんの一例です。私は英語には苦労に苦労を重ねてきました。その都度なんとか打開策を見つけ、壁を乗り越えてきました。当時は苦しかったですが、今思い出せばいい思い出です。

フェニックスから帰国後は、中古車輸出会社の海外営業として世界中を新規開拓し、顧客とやり取りをし(主にメールや電話たまに出張あり)、東海エリアでは珍しい中古車女性営業として忙しく働いていました。また、営業だけでなく貿易事務の仕組みもこの時に覚えました。

その後転職し、ベトナム人技術者を日本企業へ紹介・斡旋する営業職になりました。ベトナム人のビザ申請手続き、来日したベトナム人への日本語指導(日本語教師養成講座420時間コースを修了)、ベトナムでの技術者採用や面接にも同席するため、主にハノイへよく出張していました。

その後、友人・知人の希望でオンラインで英語を教え初め、それがきっかけとなり「教える楽しさ」に目覚めました。ご縁をいただいた名古屋の英会話スクールにて、英会話講師として延べ月100レッスンをこなすまでになり、たくさんの生徒さんの英語力を高めてきました。

英語が話せると自信になる

先の会社員の男性も話していたように、最近は翻訳アプリやソフトも充実してきたし、性能の良い翻訳機なども安価で出回るようになりました。

それでも、教えている立場だから分かるのですが、英語を学びたい人は年々増えています。

英語を話すメリット・デメリット

「今の時代、英語ができてもそうメリットはないんです。でも、できないと不利益が大きいんですよ。もうできて当たり前の社会になっているし。英語ができないのは恥ずかしいですね」

そう話してくれたのは、まだ20代の大学の研究室の女性です。

研究室仲間はほとんどが英語がペラペラ。帰国子女多数。留学生も含めてコミュニケーションは英語。なのにその女性は「あなたの英語の発音、ヘンじゃない?」と言われたことが恥ずかしくて、それ以来英語を口から出すことができず悔しい思いをしていました。

英語の読み書きには問題のない彼女。中学時代の英語の成績は良かったそうです。

しかし、話すことを全くしてこなかったため、発音もよく分からず話し方も分からない…。かといって自分ではどうしたらいいかも分からない。おまけに自分の発音がヘンだと言われて完全に自信を失っていました。

 

信じられないくらい嬉しい

90日間、勉強を継続した彼女は、

「研究室でみんなと英語でコミュニケーションが取れるようになったのがもう本当に嬉しい!私の英語が下手だとかヘンだとか言う人は、もういなくなりました。

それどころか他の研究室の人たちから、『あ、この人は英語ができる人なんだ』という目で見られるようになったんです。それが気持ち良くてしょうがない(笑)

留学生や帰国子女の人たちと一緒にランチしたり、打ち合わせをするのもすべて英語です。そこに今、私は参加できています。普通に英語で楽しく盛り上がり、英語で意見を述べることができる。それが信じられないくらい嬉しい。」

90日間、彼女は本当に頑張りました。忙しい研究生活の合間を見つけては英語を勉強していました。さぞ大変だったのでは?

「宿題や課題は楽しかったです。だって結果がぐんぐん出ましたから。発音も良くなったし、相手の言うことも聴き取れるようになりました。なによりも英語への自信がつきました。この90日間は、自分の人生で最も意味のある、重要な90日間になりました!」

 

もし英語の勉強を継続できたら…

先ほども書きましたが、英語を勉強しても話せるようにならないのは継続しないからです。継続できれば、誰でも英語は話せるようになります。英会話もビジネス英会話も同じです。

「ずっと英会話スクールに通ってるんだけど…?」

頑張ってますね!

ではなぜそんなビジネスパーソンが、頑張っても英語をビジネスレベルで使えるようにならないのでしょうか?

やはり「継続」とは言っても “正しいやり方” での継続が必要だからです。正しいやり方で継続すれば、間違いなく話せるようになります。

多くのビジネスパーソンがビジネス英語を話せないのは、正しいやり方での継続ができていないからです。

だからこそ、生徒さんお一人お一人の個性に合わせたり、強み・弱みを理解したうえでレッスンを作り上げ、行っています。

しかも1回のレッスンは密度の濃いものです。なおかつカウンセリング内容を講師が100%理解しているからこそ、レッスンに100%活かすことができます。

最初のカウンセラーとレッスン担当講師が異なると、カウンセリング内容を100%レッスンに反映することはできません。同時に、レッスンの内容を100%理解していないと、カウンセリングに100%反映することはできないのです。

当ジムは、カウンセリングもレッスンも同じ講師が行うため、あなたに100%必要なものだけを提供することができます。無駄がないのです。なので90日間で結果が出るのです。

そうすることで、90日間で生徒さんご自身が英語力向上を実感でき、楽しくなります。当ジムでは、英語は楽しく学ぶものというより、英語力の向上を実感することで楽しくなる、と考えています。

カウンセリング内容とレッスン内容の一致、それがゆえに短期間での英語力向上を実感できます。すると “正しいやり方” での継続を、時には厳しいこともありますが、こなしていけるのです。

私自身、英語がまだまだの状態でアメリカに行き働き、短期間で英語を身に付けなければいけない状況の中にいました。働きながら英語を勉強するのがどんなに大変なことかよく分かっていますし、実際に短期間で英語力を伸ばした経験もあります。

英語は “正しいやり方で継続” すれば、誰でも身に付けることができます。もし、当ジムのメソッドであなたの英語力が向上しなかったら…その旨を遠慮なくお伝えください。笑顔でレッスン代金を全額お返し致します。

今のあなたの選択肢は二つ。

ビジネス英会話を身に付けて仕事に活かせるようになるか、もしそうならなかったらお金が返ってくるか。

もし90日間で英語が話せるようになったら?

あなたの人生は、どうなると思いますか?

どんな将来が待っていると思いますか?

 

まずは無料体験&カウンセリングから

無料体験&カウンセリングをお申し込みください。

お申し込み方法は下記よりお選びいただけます。ご質問/お問い合わせもこちらからお願いします。

お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせフォーム

 

Emailはこちら
info@businessenglishnagoya.work

 

LINEからはこちら
お電話でのお問い合わせ・お申込みは 080-6900-1868

 他ではダメだったけど続けられる理由

何度も言いますが、英語は「正しいやり方での継続」をすれば、誰でも話せるようになります。大変なことも、厳しいキツイと思うこともあるでしょう。しかし結果が出るため生徒さんは楽しい、と言って続けています。

当ジムは、最初の体験レッスン・カウンセリングから通常のレッスンまで、同じ講師があなたを担当します。そのため情報が取りこぼすことがありません。いただいた情報が100%活かされた密度の濃いレッスンをおこない、あなたに合った課題を出し、適時カウンセリングを挟み、短期間で結果を出す仕組みを作っています。

通常の英会話スクールでは、カウンセリング担当者と担当講師が異なることが多いですし、レッスンの代行などがおこなわれることもあります。ここを一本化し、生徒さんの成長スピードを劇的に上げる。これが当ジムのメソッドです。

 

まずは無料体験&カウンセリングから

無料体験&カウンセリングをお申し込みください。

お申し込み方法は下記よりお選びいただけます。ご質問/お問い合わせもこちらからお願いします。

お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせフォーム

 

Emailはこちら
info@businessenglishnagoya.work

 

LINEからはこちら
お電話でのお問い合わせ・お申込みは 080-6900-1868

 

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868