英語の先にあるもの

ビジネスで使える英語とは何か?が『実践ビジネス英語』から見えてくる

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

当ジムは、

「学生時代の勉強はそこそこできたけど、英語だけは話せるようにならない。でも今は仕事が忙しくて時間が作れず、何をやったらいいか調べる時間もない…」

と言うビジネスパーソンが、戦略的・計画的な英語学習方法に基づいた課題を毎日こなしレッスンを受けるだけで、最短90日でビジネス英会話が話せるようなるビジネス英会話パーソナルジムです。

 

『実践ビジネス英語』はNHKラジオの長寿番組

20年前、アメリカの会社で働く前に日本で聴いていた、NHKラジオの『実践ビジネス英語』は、何と今でも現役の長寿番組です。講師は杉田敏先生。穏やかな口調で知的さが声から伝わってくる方です。

私は杉田敏先生を尊敬しています。なぜなら杉田先生が書かれている、もしくは選んでいるビニエットのトピック内容が非常に「今どき」で、実際に使われている英語表現をタイムリーに学べる優れものだからです。

アメリカの仕事現場を離れて20年、英語も言葉なので使い方が変わったり、新しい単語が生まれたりしています。そのキャッチアップをこの『実践ビジネス英語』でおこなっています。

たとえば「最近のアメリカでは、telework(テレワーク)よりも work remotely の方が良く使う」とコロナ前に杉田先生が番組内でお話しされていました。全くの偶然でしたが、おかげで最近話題の「在宅勤務」を work remotely と難なく使うことができました。感謝です。

 

ビジネスで使える英語とは?

『実践ビジネス英語』のもう一つの優れている点は、実際にオフィスで話されるであろう会話が教材になっているところです。

その内容は実は「ビジネス英語」だけではありません。

ビジネス英語と言えば、どんな言い回しやフレーズを思いつきますか?

「大変恐れ入りますが…」

「至急ご確認ください」

「お伺いしたいことがあるのですが…」

などが「よく使われるビジネス英語フレーズ集」に掲載されているでしょう。そしてこれらが「ビジネス英語」であることは間違いありません。

ただ、そんなことばかりをオフィスでは話しますか?クライアントとのミーティングではそんな「ビジネス英語」だけで会話が進むのでしょうか?

ビジネスで使える英語とは、いわゆる「ビジネス英語」にだけでなく、「ビジネスでの付き合いのある人たちとの日常英会話」も含まれていると私は考えています。

短期間の英語学習で「特別な人材」になることは可能か?名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 当ジムは、 「学生時代の勉強はそこそこできたけ...

 

ビジネスでの日常英会話は知的レベルの高さが求められる

「ビジネスでの付き合いのある人たちとの日常英会話」

実はこれがとても難しい。まさかアイドルやセレブのゴシップ話をするわけにはいかないですし、政治や宗教の話はもちろんダメ。スポーツもひいきのチームがあるとなかなか話しにくいですよね。じゃあTVの話?世界経済、世界情勢について?毎回コロナウィルスの話もそろそろ飽きてきました。

ではどんな話をすればいいのか?

その答えが『実践ビジネス英語』の中にはたくさんあります。

例えば最近のトピックに、「酷暑との戦い」というのがありました。内容は、アメリカでは毎年酷暑による熱中症で何人が亡くなっているのか?なぜアメリカやヨーロッパでは日傘をさす人がいないのか?ヒートアイランド現象への世界の取り組みや、酷暑対策のビル設計などについてが、会話形式で語られました。

これだけでも日常的に話せるトピック満載です!このトピックに対するネイティブの言い回しやフレーズを覚えておけば、ちょっとした会話で使うことができます。『実践ビジネス英語』のトピックは全てが「ビジネスで使えるトピック」なんです。

英会話は短期間で効率よく学び、もっと大きな仕事につなげる名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 当ジムは、 「学生時代の勉強はそこそこできたけ...

 

ビジネスで使える英語のトピック選び

先日、ビジネスのコースを受講されている生徒さんから「初めましてのクライアントとのあいさつの場面をシミュレーションしたい」とのリクエストがありました。

あいさつはOKです。自己紹介は、もう少し自分のことを話してほしいなあ。でもまあOK。

問題はその後です。なーんにも話すことが出てこない!!

私から当たり障りのない故郷の話を振ったりします。が、最初はなかなか会話を弾ませることができませんでした。

何回も何回も何回も(笑)やり直し、ようやく会話が繋がり始めます。

その生徒さんの感想は「こんなに難しいものだとは思わなかった!」でした。そう、ビジネス関係の人との日常英会話は、友達関係の日常英会話よりもトピック選びが難しい。

相手のことを思い遣ったり、ややこしい話題は避けたり、あまりプライベートに突っ込みすぎないことも大事ですが、ある程度自分をオープンにすることも大事。そういったあなたの態度や気遣いは相手に伝わります。相手に好意を持ってもらうだけで、ビジネスはスムーズにいくものではないでしょうか?

「ビジネスで役立つ英語表現」や「ビジネスで使える即戦力フレーズ」などではなく、円滑にビジネスを遂行するための人間関係づくりの日常会話。そしてクライアントからの信頼を得るための会話スキル。それらもまた「ビジネス英語」であると私は考えています。

そしてその「ビジネス英語」のための『実践ビジネス英語』の講師を長年務めていらっしゃる杉田敏先生はすごい方です。尊敬しています。

ビジネスでの人間関係構築のための英語を話せるようになりたいあなたへ、当英会話ジムのより詳しいご案内はこちらから

 

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。
RELATED POST