英語の先にあるもの

将来の不安は英語が話せれば無くなるのか?名古屋の短期英会話ジム

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表のNorikoです。

 

将来の不安は英語が話せれば無くなるのか?

コロナ禍からこっち、リモートワークやオンライン会議が盛んです。英語も同じで、オンライン英会話が盛り上がっているようです。

オンライン英会話はとても優れたシステムなのですが、残念ながら合う人と合わない人がいます。

 

こちらの記事に書いています。

 

さて、「英語を話せたら将来の不安はなくなるのか?」についてです。

今の生徒さんたちに英語を学ぶ理由を聞いてみました。多い順に、

①「将来英語が必要になるから」もしくは「英語ができたらかなり有利だから」

②「今すぐ仕事で英語が必要だから」

③「仕事で英語が必要というわけではないけど、英語ぐらいできないとまずいのではと感じているから」

意外ですか?一番多い理由は②だと思いませんでしたか?

でも、あなたが英語を話せるようになりたい理由も、①ではありませんか?

そうなんです。みんなが英語を話せるようになりたい!その理由は「英語ができないと将来困ることになる」「役職が上がると英語が必要になる」「英語ぐらいできないともう世の中的にまずい」と思っているからなんです。

無意識に人生のリスクヘッジをしているんですね。

じゃあ英語さえ話せれば将来に不安はないのか?というと、残念ながらそれはまた違います。

少なくとも英語くらい話せないと将来不安、というのが正解です。

そしてこれからの時代、英語くらい話せないと不利益が大きいのです。

 

英語を話せない「不利益」は大きい

ではなぜ「少なくとも英語くらい話せないと不利益が大きい」のでしょうか?

たとえば、コンビニや居酒屋の店員さんは日本人でない方が多いですし、小学校から高校まで、今の日本の学校には、明らかに日本人ではない外見の「日本人」学生が増えてきています。そして大学には留学生がたくさん。

このような若い人たちは、母国語にプラス日本語と英語を話せることが多いんです。こんな人たちがこれからあなたの部下になったりします。そして彼らと同じ土俵で戦う時代が来るんです。

私たち日本人はとても恵まれた環境にいます。英語が話せなくても高い教育が受けられる、仕事ができる、趣味のゲームや読書など、なんでも日本語でできるのです。

でもどうやら将来は、それが通用しなくなるのでは…?と考える人が増えてきています。通用しなくなるまではいかずとも、英語ができればよりチャンスや機会に恵まれることは間違いないでしょう。

逆に言えば「英語ができない人はできる人に比べて得られるチャンスが減る」

これは大きな不利益です。

こうやって日本社会にもさらに格差が増えていく、とみんなうすうす気が付いているのです。

 

そのために起こすべき行動とは?

今英語を話せないことを嘆いても何も始まりません。今からできることを考えましょう。

まず、英語話せるようになりましょう。

身もふたもない言い方ですが、それしかありません。そのためには「英語が話せるようになる行動」を起こすことです。

その為には、まずあなた自身が変わりましょう。

具体的には、

「いつかやろう」「時間ができたら始めよう」「これが終わったら考えよう」という後回し思考をやめることです。

今あなたが英語が話せないのであれば、今の生活や思考のままでは、絶対に英語が話せるようにはなりません。

「来年から始めよう」ではなく「今すぐ始める」のです。

「暖かくなったら体験レッスンに行ってみよう」ではなく「今すぐ体験レッスンに行く」のです。

まず自分が変わらなければ何も変わりはしません。あなたの人生はあなたが決めるものであり、あなたが人生の主役なのですから。

 

本気で英語が話せるようになりたいなら、経験者の声を聞いてみよう!名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表のNorikoです。 今日は、私のレッスンを受けて結果を出している生徒...

 

本当に大きい!英語を話せることによるメリット

とある生徒さんのお話です。

彼女の勤め先は大企業と呼ばれる規模の会社。社員教育にもちろん力を入れていて、昨年からは特に英語教育に注力するようになり、社内プロジェクトが発足したそうです。

某オンライン英会話と提携して、希望者は毎日レッスンが無料で受けられたり。文法のテキストが無償配布されたり。そして外部英語コンサルティング会社とも提携して、英語学習のプロのコンサルが無料で受けられるそうです。スゴイですよね。

なぜここまで企業がお金をかけて社員の英語教育をするのか?

世界中に子会社や系列会社を持つ彼女の会社は、しょっちゅう海外研修や海外出張、そして海外転勤があり、それにふさわしい幹部候補社員育成のためなんだそうです。

特に昨年からは上司が日本人から外国人に変わったことがプロジェクト発足のきっかけになったとか。それからは社内が英語一色だそうです。

ある一定のTOEICスコアをクリアすれば、幹部候補生として将来が開けるのだとか。

もちろんそのプロジェクトに参加するかどうかは自由意志。でも若手社員はこぞって参加しているそうですよ。

大企業という器の中で、自分の将来のために英語の勉強ができる。しかも無料!なんて素晴らしいんでしょうか。たとえ退職してしまったとしても、その英語力はあなたのモノになるのですから。

このように、英語を話せることによるメリットはかなり多い、いやこれからはもっと増えていくでしょうね。

ちなみに…

彼女曰く、中堅社員は参加しない人が多いそうです。これからはこんな若手が部下になるかも知れないのに、どうするんでしょうね?(汗)

 

 

 

将来に向けて、今行動を!

英語を話せることによるメリット、英語を話せないことによる不利益。

どちらもお分かりいただけたでしょうか。

いや、実はあなたはもうずっと前から分かっていたはずです。なので失敗しても挫折しても「いつか英語を何とかしないと」と思っているのです。

「忙しいし時間もないしなあ…」

分かります。

でもだからと言って、今のままでいいんですか?

まだ、なんとか楽に英語を話せるようになる方法はないか?と探しているんですか?

そうではありませんよね?

あなたは「いつかは英語を何とかしないといけない」とずっと考えているし「楽して英語を話せるようにはならない」ことを知っています。

今度こそ、というあなたに。ぜひ当ジムにお越しください。いろんなお話をしましょう。そして体験レッスンを受けてみてください。あなたに合った英語勉強法もお伝えしています。

 

名古屋駅前にあるビジネス英語&仕事での英語雑談力をつけるための「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

友だち追加
↑LINEからのお問い合わせにはお友達追加をお願いします。

ABOUT ME
Noriko
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業で働く。ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英語講師へ。 海外営業時代は英語で様々な国の顧客とやり取りし、交渉し、コミュニケーションを取り営業をおこない、「Norikoがそう言うなら信じるよ!」と言われるほどの信頼関係を築く。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。