ラジオビジネス英語 2022年6月号各放送まとめ

Lesson 27 ラジオビジネス英語

June 8 Wednesday, 2022
Lesson 27 英文メール「同僚の入院(お見舞い)」

Today’s Email

プロジェクトチームのメンバーであるオリバーが入院したことを知り、励ましのお見舞いメールを書く。

Subject: Get well soon!

Hi Oliver

We’re shocked to hear that you have been admitted to the hospital. At the same time, we’re relieved to hear that the operation went successfully.

We know that you’re worried about your work, but you can rest assured that we’ll fill your shoes. We hope that you’ll give first priority to your recovery.

We look forward to seeing you back on your feet again.

Please take good care of yourself.

Kana

**********
**be admitted to the hospital:
**be hospitalized:
**be relieved:
**assured:
**fill your shoes:
**back on your feet:

 

Oliver’s Reply

Hi Kana

Thank you very much for your kind words,

I was surprised at the unexpected event, but I’m relieved that the operation was successful.

The project is still on my mind, but I keep telling myself that my first priority is to get well.

I’m looking forward to working with the team again. Please give my heartfelt apologies and best regards to all the team members!

Regards
Oliver

**********
**unexpected:
**heartfelt:

 

Your Turn

Hi Oliver

Yes, I’ll pass the word on to the other members.

I hear that you’ll be in hospital for about two weeks.

☆もしよろしければ、退院前にお見舞いに伺いたいと思います。

Until then
Kana

**********
**pass: 

 

覚えておきたいフレーズ:病気、お見舞い

I’m now recuperating at home.
**recuperate:

Your words have been a great encouragement.
**encouragement:

Please get plenty of rest.
**plenty of~:


June 8 Wednesday, 2022
Lesson 27 英文メール「同僚の入院(お見舞い)」
(日本語訳・解説付き)

Today’s Email

プロジェクトチームのメンバーであるオリバーが入院したことを知り、励ましのお見舞いメールを書く。

Subject: Get well soon!
お見舞い
※ get well は「(健康状態が)よくなる、(病気が)治る」

Hi Oliver

We’re shocked to hear that you have been admitted to the hospital. At the same time, we’re relieved to hear that the operation went successfully.
入院されたとのことでショックです。同時に、手術は無事に終わったと聞きホッとしています。

**be admitted to the hospital: 入院する
**be hospitalized: 入院する
※ hospitalize は hospital の動詞形

**be relieved: ホッとする、安心する

 

We know that you’re worried about your work, but you can rest assured that we’ll fill your shoes. We hope that you’ll give first priority to your recovery.
仕事のことが気になるかと思いますが、私たちがしっかりフォローするので安心してください。まずは回復を最優先に考えてくださいね。

**assured: 保証された、確実な、自信のある
**fill your shoes: しっかりフォローする、穴を埋める

 

We look forward to seeing you back on your feet again.
再び元気な姿を見せてくれることを楽しみにしています。

**back on your feet: 回復する、肉体が健康な状態に戻る

 

Please take good care of yourself.
お身体にはくれぐれもお気をつけください。

→ Regardsの代わりの結びの一言。気持ちの込められたメールになる。

Kana

 

Oliver’s Reply

Hi Kana

Thank you very much for your kind words,
温かいお言葉ありがとうございます。

I was surprised at the unexpected event, but I’m relieved that the operation was successful.
予期せぬ出来事で自分でもびっくりしましたが、手術が成功してホッとしています。

**back on your feet: 予期せぬ、思いがけない、思いもよらない、

The project is still on my mind, but I keep telling myself that my first priority is to get well.
プロジェクトのことはやはり気になりますが、元気になることが最優先だと自分に言い聞かせています。

I’m looking forward to working with the team again. Please give my heartfelt apologies and best regards to all the team members!
チームの皆さんと再び仕事をするのを楽しみにしています。チームの皆様に心からお詫び申し上げるとともに、よろしくお伝えください。

**heartfelt: (感謝・同情・謝罪などの言葉・行動などが)心からの

Regards
Oliver

 

Your Turn

Hi Oliver

Yes, I’ll pass the word on to the other members.
はい、メンバーにはちゃんと伝えておきます。

**pass: 渡す、手渡す

I hear that you’ll be in hospital for about two weeks.
2週間ほど入院されるそうですね。

☆もしよろしければ、退院前にお見舞いに伺いたいと思います。
If it’s OK with you, I’d like to visit you before you’re discharged from the hospital.

**discharge: 退院させる
※他にも、「放出する、排出する、送り出す」などの意味もある

If you don’t mind, I’d like to pop in at the hospital before you leave.

**pop in: 立ち寄る、現れる

Until then
Kana

 

覚えておきたいフレーズ:病気、お見舞い

I’m now recuperating at home.
今は自宅療養中です。

**recuperate: (病気、怪我などから)回復する

 

Your words have been a great encouragement.
あなたの言葉に元気をもらいました。

**encouragement: 激励、励まし、勇気づけること

 

Please get plenty of rest.
ゆっくりお休みください。

**plenty of~: たくさんの〜

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業へ飛び込み!ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 本気で英語を話せるようになりたい、英語を話せるようになって今の自分を変えたい、という「真剣に英語と向き合いたい」方向け。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。
RELATED POST