ラジオ英会話 2024年5月号~各放送回のまとめ

【ラジオ英会話】Lesson 25 今週の Review – May 10 Friday, 2024

May 10 Friday, 2024
Lesson 25 今週の Review

Listening Challenge!

Monday:
What will Maya do this summer?

A: She will visit her cousin.

B: She will clean her room.

C: She will meet some guests.

 

Tuesday:
Why did Roxy wake up early even though it’s Saturday?

A: Because she likes to take walks on Saturday mornings

B: To work at a hotel

C: Because she is a firefighter

 

Wednesday:
Which of the following is true?

A: Jonas will catch the woman this afternoon.

B: There is an important meeting from 4 p.m.

C: Jonas is looking for some ketchup.

 

Thursday:
What did Tyler find?

A: A ramen shop

B: A train station

C: An ad

 

『ラジオ英会話』がビジネスシーンでの「英語雑談」に最強な理由こんにちは。 名古屋駅前にて、仕事で外国人の同僚・上司・顧客と「英語で雑談」ができるようになるためのビジネス英会話ジムのNorik...

 

Say It in English

1⃣友人のトキが、パーティーで話し相手がおらずポツンとしています。彼は空手をやっており、話が合いそうな人がいました。話しに行くように伝えてください。

Toki: I have no one to talk to…

You:
①革のジャケットを着て、ドアの前にいる大きな男性が、ケンジロウよ。

**leather jacket:

②彼は空手を練習しているの。彼と話してみたら?いい友達になれるわよ。

 

2⃣あなたは海外から来た友人と北海道で旅行中。宿泊先に向かう道路で、シカが描かれた道路標識がありました。友人に説明してください。

Friend: What does that sign say?

You:
①それは、運転中、シカやほかの動物に注意しなくてはならないと言っているんだ。

**deer:

②僕たちのホテルの部屋からそれらを見ることができるかもしれないよ。幸運を祈ってようね。

 

Ending

O: Hey guys. I saw a traffic sign with a tanuki on a highway in Tokushima.

D: Oh~, that’s cool. Up in Hokkaido, they have similar signs with the other animals like deer and things, too.

R: Oh dear!


May 10 Friday, 2024
Lesson 25 今週の Review

Listening Challenge!

Monday:
What will Maya do this summer?
マヤは今年の夏何をする?

A: She will visit her cousin.
いとこを訪ねる

B: She will clean her room.
部屋をキレイにする

C: She will meet some guests.
何人かのゲストと会う

 

Tuesday:
Why did Roxy wake up early even though it’s Saturday?
ロキシーはなぜ土曜日なのにもかかわらず早起きした?

A: Because she likes to take walks on Saturday mornings
土曜の朝に歩くのが好きだから

B: To work at a hotel
ホテルで働くため

C: Because she is a firefighter
消防士だから

 

Wednesday:
Which of the following is true?
次のうち正しいのは?

A: Jonas will catch the woman this afternoon.
ジョナスは午後、その女性を捕まえる

B: There is an important meeting from 4 p.m.
午後4時から大事な会議がある

C: Jonas is looking for some ketchup.
ジョナスはケチャップを探している

 

Thursday:
What did Tyler find?
タイラーが見つけたのは?

A: A ramen shop
ラーメン店

B: A train station
電車の駅

C: An ad
広告

 

『ラジオ英会話』がビジネスシーンでの「英語雑談」に最強な理由こんにちは。 名古屋駅前にて、仕事で外国人の同僚・上司・顧客と「英語で雑談」ができるようになるためのビジネス英会話ジムのNorik...

 

Say It in English

1⃣友人のトキが、パーティーで話し相手がおらずポツンとしています。彼は空手をやっており、話が合いそうな人がいました。話しに行くように伝えてください。

Toki: I have no one to talk to…
話す人がいません…

You:
①革のジャケットを着て、ドアの前にいる大きな男性が、ケンジロウよ。

The big guy in front of the door wearing a leather jacket is Kenjiro.

**leather jacket: 革のジャケット

・The big guy を in front of ~(~の前)以下で説明。さらに wearing(着ている)を使って長い主語にしている

 

②彼は空手を練習しているの。彼と話してみたら?いい友達になれるわよ。

He practices karate. Why don’t you talk to him? You’ll make good friends.

・He のすぐあとに動詞 practices が即座に浮かんだならOK!現在形は「広く一般的な内容」ここでは「習慣」を表している

・Why don’t you ~? は「~してはいかがですか?」という軽い提案

 

2⃣あなたは海外から来た友人と北海道で旅行中。宿泊先に向かう道路で、シカが描かれた道路標識がありました。友人に説明してください。

Friend: What does that sign say?
あの標識には何と書かれているの?

You:
①それは、運転中、シカやほかの動物に注意しなくてはならないと言っているんだ。

It says you should be careful of deer and other animals when driving.

・It says ~ は無生物主語

**deer: シカ(複数形も deer)

 

②僕たちのホテルの部屋からそれらを見ることができるかもしれないよ。幸運を祈ってようね。

We may be able to see them from our hotel room. Let’s keep our fingers crossed.

・may be able to ~ は「~できるかもしれない」

・keep one’s fingers crossed は「幸運を祈る」で、指で十字を作る動作

 

Ending

O: Hey guys. I saw a traffic sign with a tanuki on a highway in Tokushima.

D: Oh~, that’s cool. Up in Hokkaido, they have similar signs with the other animals like deer and things, too.

R: Oh dear!

名古屋駅前にあるビジネス英語&仕事での英語雑談力をつけるための「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階


生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

友だち追加
↑LINEからのお問い合わせにはお友達追加をお願いします。

ABOUT ME
Noriko
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業で働く。ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英語講師へ。 海外営業時代は英語で様々な国の顧客とやり取りし、交渉し、コミュニケーションを取り営業をおこない、「Norikoがそう言うなら信じるよ!」と言われるほどの信頼関係を築く。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。
こんな記事もおすすめ