ラジオ英会話 2024年5月号~各放送回のまとめ

【ラジオ英会話】Lesson 36 基本文型 説明型 – 基礎 – May 27 Monday, 2024

May 27 Monday, 2024
Lesson 36 基本文型 説明型 – 基礎

Words & Phrases

**indeed:
**picture:
Hello. Did you paint these pictures? – Yes, I did indeed.

**studio:
I can teach you. I’m an art teacher. I run a studio.

Can you teach any kind of student? – Any kind of student? What do you mean?

**matter:
It doesn’t matter.

 

Grammar and Vocabulary

I would like to paint pictures like these.

would like
want よりも控えめで丁寧な、大人の表現。want は「欲しい」という、相当に生々しい表現であるため、特に I want ~ となると、なかなか気恥ずかしく感じられる。そのため、頻繁に would like(好むでしょうね)に置き換えられる

 

I run a studio.

現在形のイメージ
時表現はどの文にも存在するたいへん重要な要素。正しく使い方をマスターすることが大切

この文で使われた現在形は「広く一般的な内容」を表すのが得意。ここでは「(ふだん・いつも・習慣的に)運営している」を表している。自己紹介の文にピッタリ!

 

『ラジオ英会話』がビジネスシーンでの「英語雑談」に最強な理由こんにちは。 名古屋駅前にて、仕事で外国人の同僚・上司・顧客と「英語で雑談」ができるようになるためのビジネス英会話ジムのNorik...

 

Target Forms

I‘m an art teacher.

*動詞を青字、説明語句を   で示しています

この文はbe動詞を典型動詞とする「説明型(SVC)」

「動詞 + 説明語句」のこの型に固有な意味は「主語の説明」

be動詞に意味はなく、単に「=(イコール)」を表すつなぎ言葉だと考える

この型の攻略ポイントは「説明語句」のバリエーションの豊かさ

英語は「配置の言葉」。be動詞の後ろにくる要素はすべて「説明語句」と見なされる

Practice
今回から説明型を掘り下げていきましょう。まずは名詞・形容詞を説明語句として配置します。この文の an art teacher は名詞。a [an] は「ほかにもある中のひとつ」ということ。「美術教師の一人」ということになり、自己紹介に適した形です。この文のポイントは何といっても説明語句。しっかりゆっくり発音してください。

I‘m an art teacher.

※ an art をつなげる発音に注意!

He’s a consultant.

→ He’s は He is のこと
I, you 以外の単数主語は is で受ける

 

You’re an adult.

→ be動詞はつなぎの言葉。意味がないため素早く・小さく読まれ、短縮形が多用される
You’re は You are のこと

 

They’re amateurs.

→ 複数主語は are で受ける

 

I’m very disappointed.

disappointedは「がっかりして」という形容詞!

Practice

R: Okay everyone, it’s time to practice. So guys, don’t think too much about the meaning of「be動詞」

D: That’s right. The be-verb doesn’t carry any real meaning. So, it’s more frequent to use contractions, “I’m” versus “I am,” “They’re” versus “They are.” So let’s practice that together, Okay?

**contraction:

R: Let’s begin,

– He’s, He’s
– He’s a consultant.

D: Okay. Let’s continue,

– You’re, You’re
– You’re an adult.

R: Keep going!

– They’re, They’re
– They’re amateurs.

D: All right. And one more,

– I’m, I’m
– I’m very disappointed.

D: Unlock your potential.

R: Repetition is the key!

D&R: Great work.

 

Grammar in Action

①こんにちは、私はスーザン。リポーターです。ちょっとあなたに質問してもいいでしょうか?

②私の父は心配性です。彼はすべてについて不安になります。
**worrier:
**nervous:

③あなたは安全です。ここではあなたに何も悪いことは起こりません。

 

ポイント: be動詞の変化形
これで be動詞のレッスンは4月号から3回目。be動詞の変化形には、音読を通じて一日も早く慣れてください!

 

warrior と worrier の発音

warrior [wˈɔːriɚ] 戦士、武人
worrier [ˈwɝiɝ] 心配性


May 27 Monday, 2024
Lesson 36 基本文型 説明型 – 基礎
(日本語訳・解説付き)

Words & Phrases

**indeed: まさに、本当に
**picture: 絵、絵画、肖像画、写真

Hello. Did you paint these pictures? – Yes, I did indeed.
こんにちは。ここにある絵はあなたがお描きになったのですか? – はい、まさにそうなんです

 

**studio: (画家・彫刻家・写真家などの)仕事場、アトリエ、工房

I can teach you. I’m an art teacher. I run a studio.
教えることならできますよ。私は美術教師なのです。アトリエを運営しています

 

Can you teach any kind of student? – Any kind of student? What do you mean?
どんな生徒でも教えられますか? – どんな生徒でも?それは、どういう意味ですか?

※ any は「どんな」は、相手に選択の自由を与える表現ですね!

※ What do you mean? は、相手の真意を測りかねるときや、相手が意味するところを理解できない場合に使えます

 

**matter: 重要である

It doesn’t matter.
そんなことは問題ありません

※ It doesn’t matter.(そんなことは重要ではない)は、よく使われるので覚えておきましょう!

 

Grammar and Vocabulary

I would like to paint pictures like these.
私は、このような絵を描いてみたいと思っています

would like
want よりも控えめで丁寧な、大人の表現。want は「欲しい」という、相当に生々しい表現であるため、特に I want ~ となると、なかなか気恥ずかしく感じられる。そのため、頻繁に would like(好むでしょうね)に置き換えられる

 

I run a studio.
私はアトリエを運営しています

現在形のイメージ
時表現はどの文にも存在するたいへん重要な要素。正しく使い方をマスターすることが大切

この文で使われた現在形は「広く一般的な内容」を表すのが得意。ここでは「(ふだん・いつも・習慣的に)運営している」を表している。自己紹介の文にピッタリ!

 

『ラジオ英会話』がビジネスシーンでの「英語雑談」に最強な理由こんにちは。 名古屋駅前にて、仕事で外国人の同僚・上司・顧客と「英語で雑談」ができるようになるためのビジネス英会話ジムのNorik...

 

Target Forms

I‘m an art teacher.
私は美術教師です

*動詞を青字、説明語句を   で示しています

この文はbe動詞を典型動詞とする「説明型(SVC)」

「動詞 + 説明語句」のこの型に固有な意味は「主語の説明」

be動詞に意味はなく、単に「=(イコール)」を表すつなぎ言葉だと考える

この型の攻略ポイントは「説明語句」のバリエーションの豊かさ

英語は「配置の言葉」。be動詞の後ろにくる要素はすべて「説明語句」と見なされる

Practice
今回から説明型を掘り下げていきましょう。まずは名詞・形容詞を説明語句として配置します。この文の an art teacher は名詞。a [an] は「ほかにもある中のひとつ」ということ。「美術教師の一人」ということになり、自己紹介に適した形です。この文のポイントは何といっても説明語句。しっかりゆっくり発音してください。

I‘m an art teacher.

※ an art をつなげる発音に注意!

He’s a consultant.
彼はコンサルタントです。

→ He’s は He is のこと
I, you 以外の単数主語は is で受ける

 

You’re an adult.
あなたは大人です

→ be動詞はつなぎの言葉。意味がないため素早く・小さく読まれ、短縮形が多用される
You’re は You are のこと

 

They’re amateurs.
彼らはアマチュアです

→ 複数主語は are で受ける

 

I’m very disappointed.
私はとてもがっかりしています。

disappointedは「がっかりして」という形容詞!

Practice

R: Okay everyone, it’s time to practice. So guys, don’t think too much about the meaning of「be動詞」

D: That’s right. The be-verb doesn’t carry any real meaning. So, it’s more frequent to use contractions, “I’m” versus “I am,” “They’re” versus “They are.” So let’s practice that together, Okay?

**contraction: 短縮(すること)

R: Let’s begin,

– He’s, He’s
– He’s a consultant.

D: Okay. Let’s continue,

– You’re, You’re
– You’re an adult.

R: Keep going!

– They’re, They’re
– They’re amateurs.

D: All right. And one more,

– I’m, I’m
– I’m very disappointed.

D: Unlock your potential.

R: Repetition is the key!

D&R: Great work.

 

Grammar in Action

①こんにちは、私はスーザン。リポーターです。ちょっとあなたに質問してもいいでしょうか?

Hi, I’m Susan. Im a reporter. May I ask you some questions?

※ may は目上の者が目下に行う「許可」なので、May I ~ ? は目下から目上への丁寧な許可の求め方となる

 

②私の父は心配性です。彼はすべてについて不安になります。

My dad’s a worrier. He gets nervous about everything.

**worrier: worry(心配する)する人
**nervous:(出来事を前に)緊張・心配する(心理状態)

 

③あなたは安全です。ここではあなたに何も悪いことは起こりません。

You’re safe. Nothing bad will happen to you here.

※ will は「~だろう」と訳されるが、話し手は自信を持って「起こりません」と言っています!

ポイント: be動詞の変化形
これで be動詞のレッスンは4月号から3回目。be動詞の変化形には、音読を通じて一日も早く慣れてください!

 

warrior と worrier の発音

warrior [wˈɔːriɚ] 戦士、武人
worrier [ˈwɝiɝ] 心配性

 

名古屋駅前にあるビジネス英語&仕事での英語雑談力をつけるための「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階


生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

友だち追加
↑LINEからのお問い合わせにはお友達追加をお願いします。

ABOUT ME
Noriko
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業で働く。ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英語講師へ。 海外営業時代は英語で様々な国の顧客とやり取りし、交渉し、コミュニケーションを取り営業をおこない、「Norikoがそう言うなら信じるよ!」と言われるほどの信頼関係を築く。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。
こんな記事もおすすめ