アメリカ体験記

アメリカ体験記:アメリカでのホームシック

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

アメリカで働き始めて3か月くらい経ったころにホームシックになりました。

 

I miss my Mom…お母さんに会いたい
アメリカ体験記:I miss my Mom… お母さんに会いたい名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 私は20代のころ、アメリカのアリゾナ州で働いていまし...

でもそれからしばらくたって、1人の女性と友達になってから、私はとても恵まれているんだと気づかされました。

旧ユーゴスラビア連邦のコソボ紛争

私は昼間は働きながら、夜間は地元コミュニティカレッジの英語クラスに通っていました。私のような昼間は働いている外国人のためのESL(English of Second Language)のクラスがあります。クラスメイトは全員外国人(アメリカ人以外)。住んでいたのはアリゾナ州のフェニックスという町でした。都会ではありませんでしたが、さすがはアメリカ。いろんな国の人がいました。

クラスで仲良くなった友人はたくさんいました。その中の一人が、当時のユーゴスラビアから来た女性でした。白人の金髪で背が高く、見かけは日本人の想像する「外国人」そのもの。いわゆる東欧人です。そのころの私は良く知らなかったのですが、旧ユーゴスラビアは1991年~2001年ごろまで内戦状態にありました。

彼女は旦那様と子供と一緒にアメリカに難民として逃れてきて暮らしていました。英語を話すのはそんなに得意ではないのか、ゆっくり丁寧に話す英語が印象的で今でも覚えています。なぜ彼女と仲良くなったのかは覚えていないのですが、私は休みの日によく彼女の家に遊びに行っていました。リビングよりもキッチンが好きなの、と言う彼女の家のキッチンはとてもかわいくて居心地が良くて。一緒にコーヒーを飲みながらお互いにのんびりいろんな話をしました。

本当にいろんな話をしたのに、彼女のことで覚えているのは一つだけ。

「お母さんに会いたい。でももう二度と会えない」

二度と国には帰れない

内戦中の彼女の町は、毎日爆弾が降り注ぐ状態だったそうです。すぐ近所の家が爆弾で破壊されたこともあったとか。そんな中で戦々恐々と生きてきた、毎日が恐怖だった、と言っていました。

そこで彼女の家族はアメリカに逃れることを決めました。彼女と旦那様と子供と3人で、です。彼女のお父さん、お母さんはそのまま旧ユーゴスラビアに残りました。

彼女の家族はアメリカで爆弾に脅かされない平穏な暮らしを手に入れました。豊かではなかったかもしれませんが、旦那様はお仕事をされていたし、彼女も働いていました。子どもは学校に通っていました。しかし、

「国に残ったお母さんとは二度と会えない。私は二度と国には帰れないの」

同じく母が恋しかった私は胸が締め付けられる思いでした。

私の祖国は平和で恵まれた国、日本です。日本に帰りたい、お母さんに会いたい、と思ってはいましたが、それでもアメリカに住んで働き続けているのは私の意志です。帰ろうと思えばいつもで帰れたのですから。

でも彼女は違った。

祖国に帰れなくても帰れない。お母さんに会いたくても二度と会えない。

私とは全く違う。私は自分がどんなに恵まれているかを知り、そして彼女の心境を思って胸が苦しかった。

私は難民、という仕組みをよく知りません。なので、どうして二度と帰れないのかが分かりませんでした。今でも分かりませんが…。内戦が続いているから帰れないのか、ひょっとして、何か入国が許されないことをしてきてしまったのか。なにか事情があったのでしょう。そこまでは話しませんでしたが。

私のホームシックは、「帰ろうと思えばいつでも帰れる。お母さんにもいつかは会える。でも今は我慢する」そんなホームシック。

彼女のホームシックは、「二度と国には帰れない。お母さんには二度と会えない」

I miss my Mom…お母さんに会いたい

こんなに辛いことってありますか?!

自分の生まれ育った国に帰れないなんて。両親に二度と会えないなんて。

日本にずっと住んでいると分からない。自分がどれだけ幸せで恵まれているかなんて。(みなさん、もっと日本人であることの幸せを感じましょう!)

自分は幸せにアメリカで暮らしているのに、内戦中の祖国に両親を残してくることはどんなに辛かったでしょう。苦しかったでしょう。でもそうでもしないと自分の子どもを守ることができない。命を懸けた苦肉の策…。

あれから旧ユーゴスラビアの内戦も収まりました。今は平和なのでしょう。彼女は国に帰れたのか?お母さんと再会できたのか?そうであってほしい、彼女のためにも、彼女のお母さんのためにも。と祈るような気持ちで今でも考えてしまうのです。

I miss my Mom…お母さんに会いたい
アメリカ体験記:I miss my Mom… お母さんに会いたい名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 私は20代のころ、アメリカのアリゾナ州で働いていまし...

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。
RELATED POST