アメリカ体験記

アメリカ体験記:モルモン教徒の人たちと友達になってみたら…?

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

突然ですが、モルモン教ってご存知ですか?日本でも「あの芸能人がモルモン教徒」とか言われたりして、聞いたことだけはある人も多いはず。

カルトっぽい印象を持っている人がいるかも知れませんが、そんなことは全くありません。

モルモン教徒の人たちはとってもいい人が多いです。

私はかつて、アメリカのアリゾナ州に住んでいました。アリゾナ州はユタ州の真下の州。そしてユタ州はモルモン教の本拠地。

そのためユタ州にはモルモン教徒が多く、そのユタ州に近いアリゾナ州もモルモン教徒が多い州なんです。

 

日本に住んだことのある人は日本語が話せる!

ジョンというモルモン教徒の友達がいました。

彼は日本でモルモン布教活動をしていたことがあり、日本語が話せたので、よく英語日本語入り混じりで話しました。

彼を通じて私はモルモン教に興味を持ち、ジョンやジョンのご家族に、モルモン教についていろいろ教えてもらいました。

彼らと仲良くなって知ったモルモン教徒たちにまつわるお話しです。

まず、モルモン教徒の夫婦はみな若い!

モルモン教では、婚前交渉・避妊は禁止(と聞きました)そのため結婚が早く、子どもをたくさん持つ家庭が多かったです。

ジョンも確か18歳で結婚していたと思います。お相手はもちろん同じモルモン教徒の女性、ジョスリン、結婚当時16歳。

私が出会ったとき20歳そこそこでしたが、すでに3人子供がいました。

彼らの結婚出産が早いためご両親もまだまだ若く、ジョンとジョスリンの結婚式では、なんと彼女のお母様はご懐妊中だったそうです!ビックリ…。(でも考えると、お母様が18歳でジョスリンを産んでたらまだ34歳ですもんね!)

 

禁止されているモノが多い!

嗜好品で禁止されているモノが、カフェイン・アルコール・タバコなど…だったと記憶しています。私は当時喫煙者。そしてコーヒー大好き。アルコールもビールならピッチャーで飲むよ!だったので本当に驚きました。

何度か教会にも連れて行ってもらいました。

入信の意思がないことをハッキリさせていたので勧誘されることもありませんでしたし、寄付を求められることもありませんでした。

それどころか「モルモン教に興味がある」ことをとても喜ばれたような記憶があります。

教会の人たちもみんなとても親切でした。そのおかげで、とっても楽しい時間を過ごすことができました。

 

Big Gulp Soda
アメリカ体験記:タバコか?コーラか??名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 私は20代のころ喫煙者でした。アメリカ(アリゾナ州)...

 

みんな幸せそう!

子どもがたくさんの彼らはみんな大家族。そしてみんな仲良し。

ジョンの一家も経済的には苦しそう(若くして結婚して子供が多いから当然ですよね)でしたが、みんなとても仲が良くて幸せそうでした。

定期的におばあちゃんの家にご機嫌伺に行ったり、家族で食事をしたり出かけたり。私も何度か食事に招いてもらったりしました。

一度、私も一緒に彼らのおばあちゃんを訪問して自分の祖母を思い出し、その夜に日本の祖母に電話を掛けたことがありました。アメリカから直接電話を掛けたのはそれが初めてだったのでとっても喜んでくれました。いい見本を見せてもらえて、本当に感謝です。

 

幸せな彼らが羨ましい!

彼らを通じて分かったこと。

それは、

「彼らは幸せなんだ」ということ。

「幸せ」ってどう言うことか?

当時の私はまだ若くてよく分からなかったのですが、そんな私でも、彼らを見ていれば「これが幸せなんだ」と感じずにはいられませんでした。

お酒も飲めない、タバコも吸えない、コーヒーも紅茶も飲めない。そんなの幸せなの?って思うかもしれません。

でも、生まれたときからそういうものとして育っているため、普段からたしなんでいる人が禁酒・禁煙するのとは全く違います。

そして家族の仲の良さ。コミュニティの暖かさ。

モルモン教徒は敬虔な信者が多く、穏やかで優しい人が多かった。部外者の私にもみんな優しかった。

彼らもコミュニティを出れば、何やかやと言われてしまうのかも知れません。

でもコミュニティ内では、とても穏やかで幸せな生活が送れるんだろうな、とうらやましかったです。

周りの人がみんな優しくて、同じものを深く信じているコミュニティ。こんな素晴らしいコミュニティに私は出会ったことがありませんでした。

私は疎いので分からないのですが、モルモン教だけではなく、宗教とはそんなものなのかも知れませんね。

モルモン教の男性はデートするのに最適!

「モルモン教の男性とデートするといいよ!身の危険を感じなくてすむ(婚前交渉禁止だから)し、お酒を飲みに行くこともない(アルコール禁止だから)からね!」

(問題は、モルモン教徒は若くして結婚してしまうのでいいお年頃の独身男性がいないことでしょうか…)

とジョンは笑って言ってました。彼はとってもカッコよかったので、日本では相当モテたでしょう。ジョスリンには言えませんでしたが(笑)

そんな彼のお気に入りの飲み物は日本の麦茶。ノンカフェインだから。彼の家には日本の麦茶パックが置いてありました。

私が日本に一時帰国するときに彼にお願いされた日本土産は、5本指ソックスに花札でした。

「5本指ソックスは気持ちいいよね~」だそうです。もちろんどちらもお土産に買っていきました。

 

外国人の友達の作り方名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 当ジムは、 「学生時代の勉強はそこそこできたけ...

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。