ラジオビジネス英語 2022年6月号各放送まとめ

Lesson 25 ラジオビジネス英語

June 6 Monday, 2022
Lesson 25 空港で出迎える

Words and Phrases

Good to see you again. How have you been?

**challenge:
Thirteen hours must have been quite a challenge.

**Thank God~:
Thank God I flew business class this time.

**stretch:
I was able to stretch my legs, have some good food, and watch a couple of Japanese movies.

I’ll get you a cart for your suitcases.

**head (動詞):
After that, let’s head downstairs.

**head out:
Is there anything else you need before we had out?

No, I’m all good.

 

Business Phrase of the Day

Is there anything else you need before we head out?

何か要望はあるか?と尋ねるフレーズ。おもてなしのフレーズとして覚えておきたい。

Is there anything you need from me?

Anything you need help with?

If there is anything I can do, please let me know.

 

Alternative Expressions

手を差し伸べる意思を示すフレーズ

assistance:
Does Amanda need any assistance in finalizing the presentation materials?
**finalize:

give a hand:
If you’re running short on time, I’d be happy to give you a hand.

support:
I want you to be proactive in looking for ways to support your peers.
**proactive:
**peer:

 

Upgrade Your Communication Skills

映画やドラマについて語る
よく雑談の話題にのぼるので、相手のコメントにうまく反応できるようにしておく。

☆Dialogue☆

A: I like non-fiction period dramas about great people who left their mark on society. Their stories in the face of hardships are both inspiring and motivational.

B: Indeed. They give us wisdom to live in today’s uncertain times. Also, I love to get a glimpse of people’s lives through the clothes they wear, as well as their surroundings.

**period drama:
**great people:
**mark:
**on society:
**hardship:
**inspiring:
**motivational:

**Indeed:
**wisdom:
**uncertain times:
**glimpse:
**surrounding:


June 6 Monday, 2022
Lesson 25 空港で出迎える
(日本語訳・解説付き)

Words and Phrases

Good to see you again. How have you been?
またお会いできて嬉しいです。お元気でしたか?

※ How have you been? (お元気でしたか?) は、How are you?(お元気ですか?) の現在完了形です。久しぶりの人に会ったときに使えます!

 

**challenge: 大変なこと
Thirteen hours must have been quite a challenge.
13時間のフライトはかなり大変だったでしょうね。

※ 助動詞の過去形は、助動詞 + have + 動詞の過去分詞形

I should have stayed one more night.
もう一晩泊まるべきだった。

 

**Thank God~: 〜で助かった
Thank God I flew business class this time.
今回はビジネスクラスで助かった。

 

**stretch: 伸ばす
I was able to stretch my legs, have some good food, and watch a couple of Japanese movies.
足を伸ばすことができたし、食事は美味しいし、日本の映画もいくつか見ました。

※ was able to~ となっていて could が使われないのは、could には「~ということもあり得る、もしかして~できるのではないだろうか、~もないことはない」などの「可能性」の意味もあるから

 

I’ll get you a cart for your suitcases.
スーツケース用のカートを持ってきます。

※ get(取ってくる・持ってくる)を使った SVOO の文。you と a cart が O(目的語)で「私は、あなたにカートを持ってきます」となる

 

**head (動詞): 〜(の方向)に向かう
After that, let’s head downstairs.
その後、下の階に行きましょう。

 

**head out: 出発する、その場を離れる
Is there anything else you need before we had out?
出発する前に、何か他に必要なものはありますか?

No, I’m all good.
いいえ、大丈夫です。

 

Business Phrase of the Day

Is there anything else you need before we head out? 
出発する前に、何か他に必要なものはありますか?

何か要望はあるか?と尋ねるフレーズ。おもてなしのフレーズとして覚えておきたい。

Is there anything you need from me?
何か私にできることはありますか?

Anything you need help with?
何かお手伝いが必要ですか?

※ help with~「〜を手伝う」
なので、文の最後に with を残さないといけない

 

If there is anything I can do, please let me know.
何か私にできることがあったら、おっしゃってください。

※遠慮せずいつでもどうぞ、という姿勢を表している

 

Alternative Expressions

手を差し伸べる意思を示すフレーズ

assistance: 助け、支援
Does Amanda need any assistance in finalizing the presentation materials?
アマンダは、プレゼンテーションの資料を完成させるのに助けが必要ですか?

**finalize: 終わらせる、仕上げる

 

give ~ a hand: (誰々に)手を貸す
If you’re running short on time, I’d be happy to give you a hand.
時間が足りなかったら、喜んでお手伝いしますよ。

※ run short on/of~ の short は「何か足りない状態」を指すときに使われる

 

support:(誰々を)支援する・手伝う
I want you to be proactive in looking for ways to support your peers.
皆さんには、仲間をサポートする方法を積極的に探して欲しいですね。

**proactive: 積極的な、前向きな
**peer: 仲間

 

Upgrade Your Communication Skills

映画やドラマについて語る
よく雑談の話題にのぼるので、相手のコメントにうまく反応できるようにしておく。

☆Dialogue☆

A: I like non-fiction period dramas about great people who left their mark on society. Their stories in the face of hardships are both inspiring and motivational.
社会に大きな足跡を残した偉人を描いたノンフィクションの年代物のドラマが好きです。苦難に立ち向かう彼らのストーリーは、感動的でモチベーションが上がるものです。

**period drama: 年代物、時代劇
**great people: 偉人
**mark: 跡、印、点、線、へこみ
**on society: 社会に
**hardship: 苦難、困難
**inspiring: 感動的な
**motivational: モチベーションが上がる、やる気を起こさせる

B: Indeed. They give us wisdom to live in today’s uncertain times. Also, I love to get a glimpse of people’s lives through the clothes they wear, as well as their surroundings.
そうですね。不透明な時代を生きる上での知恵を与えてくれますから。また、服装や身の回りのものから、人々の生活を垣間見るのも大好きです。

**Indeed: 本当に、たしかに、いかにも
**wisdom: 知恵、英知
**uncertain times: 不透明な時代
**glimpse: チラリと見る
**surrounding: 環境、周囲のもの

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業へ飛び込み!ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 本気で英語を話せるようになりたい、英語を話せるようになって今の自分を変えたい、という「真剣に英語と向き合いたい」方向け。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。
RELATED POST