アメリカ体験記

アメリカ体験記:世界の人たちはアメリカは速すぎる国だと感じているらしい(私調べ)

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

突然ですが、毎日お疲れではありませんか?

朝眠い目をこすって起き、満員電車に乗り、忙しい仕事をこなし残業もして、夜は帰って眠る…。

そんなストレスフルな毎日を送っているあなたへ、目からウロコなアメリカでの体験談を。

 

アメリカはスピードの速い国なの?

アリゾナ州のフェニックスにあるコミュニティカレッジで、ESL (English of Second Language)の英語クラスに通っていた時のこと。

英語が第二外国語の人の英語クラスなので、当然クラスメイトは全員外国人。先生だけがアメリカ人でした。

その先生が、最初のクラスで質問しました

「今のアメリカでの生活スピードが速くてついていけない、疲れる、と感じている人、手を上げて」

クラスの全員が手を上げました!

次に、

「今のアメリカの生活スピードはゆっくり過ぎる、遅い、と感じている人、手を上げて」

なんと手を上げたのは私一人!

アメリカでもニューヨークのような大都会ならまた違うのでしょうが、アリゾナ州なんて片田舎。

そりゃもう、のんびりしていましたよ。何度イライラしたことか(笑)

特にお役所仕事。

担当者の個人的知識で「分からない、できない」と言われるのはよくあること。

仕事をこなすのにも数日かかる。日本なら即日なのに…。あー遅い!イライラする!

私はアメリカ生活後、日本のお役所仕事が好きになりました。

彼らは本当にテキパキしていて的確で優秀です。アメリカで暮らしたことがある人ならみんなそう感じているはず!

日本はとっても “速い” 国

クラスの話に戻ります。

私が一人だけ手を上げたことで、クラス中がざわめきました。

「ざわ・・・ざわ・・・。なんてこと、ここの生活が遅いだなんて!」

なんて声が聞こえてきそうです。

先生:「あなたはどこから来たの?」

私:「日本です」

先生:「日本!知ってる。知ってるわ!私は日本で英語を教えていたことがあるの!」

偶然にもこの先生は「日本」を知ってました。

そこから先生の日本についての語りが始まり…

先生:「日本ってね、みんなエスカレーターを歩くのよ。信じられる?動いているのに、歩くの。そして、電車がね、時間通りにやってくるのよ!」

クラス:「電車が時間通りに来るだって?そんなことがあるのか!?」

私:「だって…10時3分と言ったら10時3分のことでしょ?それは10時ジャストでもないし、10時5分でもないよね?」

クラス:「!!!」

先生:「日本人はみんな忙しいの。すごいスピードで動いているのよ。あなた(私のこと)がここでの生活を遅い、と感じるの私には分かるわ」

クラス:「ざわ・・・ざわ・・・」

 

という感じでめっちゃ恥ずかしかったです(笑)

先生は日本についてもっといろんなことを話していましたが、残念ながら内容は忘れてしまいました。

しかし、アリゾナでの生活が

「速い、疲れる」

と感じる外国人が100%だったことが目からウロコ。

日本では「アメリカはのんびりしている」と思われていますが、そう思っているのは世界中で日本人だけなんでしょう。

ちなみに私は帰国しても、日本での生活スピードは速い!と感じることは特にありませんでした。

あまりアメリカの空気に感化されなかったようです。

きっと、根っからの日本人なんでしょう(笑)

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。