生徒さんの成長記録

ビジネス英会話初心者がつまづきがちな3つのこととその対策~コレができれば話せるようになる!

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

当ジムは、

「学生時代の勉強はそこそこできたけど、英語だけは話せるようにならない。でも今は仕事が忙しくて時間が作れず、何をやったらいいか調べる時間もない…」

と言うビジネスパーソンが、戦略的・計画的な英語学習方法に基づいた課題を毎日こなしレッスンを受けるだけで、最短90日でビジネス英会話が話せるようなるビジネス英会話パーソナルジムです。

 

ビジネス英会話初心者がつまづきがちな3つのこと

以前このブログに書いた女性の生徒さん。

ビジネス英会話初心者の方は「何をすればいいか?」を教えてくれるスクールを見つけよう名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 当ジムは、 「学生時代の勉強はそこそこできたけ...

「今、英語を勉強しないと一生後悔すると思うんです」とお話しされていた姿とその決意が印象的でした。

そんな強い決意を持ってしてでも、英語学習の途中ではつまづいてしまうことだってあります。彼女のように初心者であればなおさらです。

今回は、ビジネス英会話初心者の彼女が実際につまづいた3つの点と私が取った対策をご紹介します。

ビジネス英会話が初心者という方は、ぜひ参考にしてください。

 

1. 勉強のペースにつまづいた

彼女の会社は英語学習を全面的にサポートしてくれています。外資系企業です。

テキストはこれを使って、と無料配布。オンライン英会話を毎日やって、と会社負担。分からないことはココに質問してください、英語コンサルティング会社と契約。

至れり尽くせりですね!

それでも彼女は「勉強のペース」につまづきました。

つまり、

「毎日何を、どれだけやればいいか?」

が分からないのです。

そこで私が、彼女の将来のなりたい姿をヒアリングし、毎日の学習内容と学習時間を学習プランを作成しました。

 

参考までに、これが彼女の一日の学習プランです。

☆シャドーイングを30分

☆日常会話の練習(プログラムあり)を1回15分x3回

☆日常会話の音読 - 約20分

☆オンライン英会話 - 25分

☆単語毎週60個(TOEICを視野に入れているのでTOEIC対応のモノ)

☆中学文法を1か月間でやり直す - 約1時間

これで大体1日3時間の勉強量です。さすがに週7日やるのはキツいので、最低でも週に5日やると決めました。

 

自分でやることを決めてやり続けるのは難しいでしょう…特に初心者の方は。

そしてもう一つ、彼女が私に依頼した理由。それは、人間とはやはり一番効率の良い方法をやりたいと思うものではないでしょうか?誰しも「遠回り」はしたくない、ということです。

 

2. オンライン英会話につまづいた

次はオンライン英会話についてです。

今流行りのオンライン英会話。コロナで外出を控えてスクールからオンライン英会話に切り替えた、という方も多いはず。

オンライン英会話は素晴らしいシステムだと思います。自宅にいながらいつでも外国人講師から英語が学べる。

しかし、気を付けないといけないポイントがいくつかあります。初心者の方はココを押さえておかないとオンライン英会話は続きません。

彼女もここにつまづきました。

彼女がオンライン英会話でつまづいたポイント
なんとなくレッスンが進んでなんとなく終わってしまう…本当に効果が出てるの?

毎日続けることが苦痛。つまり続かない…

 

いつも同じことを言っているような気がする

初心者の方にとって、オンライン英会話はハードルが高い…と言わざるを得ません。ただ受けてさえいれば「英語を話す機会があるんだから上手になるでしょ?」というわけにはいかないのです。

なぜなら、初心者の方は英語のインプットが圧倒的に足りていません。

英語のアウトプット(話すこと)はインプットありき。新しいインプット(単語、文法、フレーズ)がなければいつも「自分が話せること、言えること」を繰り返すことになります。なのでいつも同じことを話している…となってしまうのです。それでは大きな成長は望めません。

オンライン英会話を始めよう!と思うのはいいのです。ただ、それと並行して彼女のように英語のインプットをしなければ「本当に効果あるの?」となってしまう。

効果を感じられないと続けるのは苦痛です。ただでさえ「自宅で、いつでも」なのです。強制力がなく自分の意思が全てであるため、続けるのは容易ではありません。

そこで私が彼女にオンラインレッスンを受けるに際して課したことが以下です。

ココがポイント!

✔分かりやすい相性の良い先生を見つけること

✔今日はこれを話すぞ!ということを先に決めること(その日に練習した日常会話の中からフレーズを選びそれを意識的に使い、身に付ける)

✔レッスンを録画し後で見て復習すること(レッスン中に聴き逃したことももう一度聴けば分かるのでレッスンが身に付く

オンライン英会話を考えている初心者の方は参考にしてみてください。

 

3. 復習につまづいた

彼女のようにやる気に溢れている方は、どんどん勉強を進めていけます。ただし、人間は忘れてしまう生き物なので、復習が絶対に必要です。復習をしなければ絶対に身に付きません、と言ってもいいくらいです。

復習の重要性はみんな分かっているのです。しかし人は「先に進むのは得意」でも「やったことを振り返るのは苦手」なのです。

そのため彼女とのレッスンでは、勉強したことの復習に焦点を当てています。

単語の復習、日常会話の復習、文法の復習…。シャドーイングも実際にやったことをレッスンでやって見せてもらいます。

つまり強制的に復習ができる仕組みを作りました。

復習はなかなか一人では難しいんですよね。

 

英語を話したい!その本当の目的は?

「英語を話せるようになること」は、実はあなたのゴールではないことに気が付いていますか?本当のゴールは「英語が話せるようになったその先に起こること」です。それがあなたの人生において大切なことでなのではないでしょうか?

先の彼女は、最初こう話していました。

「去年の秋から上司が日本人からメキシコ人に変わりました。なので上司とのコミュニケーション、社内文書やメール、全てが英語になったんです。英語を話せないとまずいんです」

と。

そしてさらに、

「会社は社員の英語学習を全面的にバックアップしてくれています。さらに海外研修制度もあって、既定のTOEICスコアをクリアすると参加できます。ぜひそれに行きたいんです」

なるほど。

と、普通の英会話スクールのカウンセリングならそれで終了でしょう。「海外研修に参加できるようにこれから頑張りましょうね!」と。

しかし私は何か違和感を感じました。

なぜなら、そう話す彼女から「出世したい」とか「昇給したい」「同僚より抜きん出たい」という意思を感じなかったから。

社内でのポジションや好待遇を求めていないのに、なぜ海外研修や上司とのコミュニケーションにこだわっているのか…?英語ができない社員の方だって一定数いるのです。別にそれでもいいじゃないですか?

私は彼女の真意が知りたかったので、もっと話す機会を設けました。すると、

 

「実は…。2年後に仕事を辞めて、ずっと夢だったカナダに2年間留学したいと考えてるんです」

これだ!と思いました。

これが彼女の「英語が話せるようになったその先に起こること」です。

彼女の夢は、英語を勉強しないことには始まらない…。

上司がメキシコ人でも日本人でも、仕事で必要だろうがなかろうが、海外研修に参加できようができなかろうが、そこに彼女の真意はなかった。

彼女はその「カナダに2年間留学という夢」のために英語をやろうと決めたんです。そして、今回がラストチャンスだと思っていました(年齢的にだそうです)

そして、

「もし留学の夢が叶わなかったとしたら、私は今の会社に残ります。すると結局は英語が必要。つまりどっちに転んでも、私は英語から逃れられない(笑)

なので、「今、英語を勉強しないと一生後悔する」んです!」

 

さて、あなたの「英語が話せるようになったその先に起こること」は何でしょうか?一度考えてみてください。

あなたが本気で「英語を勉強するぞ!」となるとき、それはその「本当の目的」を意識したときのはずなのですから。

本当に自分がやりたいことのために英語を身に付けたい、というあなたへ。短期でビジネス英語が話せるようになる当英会話ジムのより詳しいご案内はこちらから

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。