英語を話せるようになる「ラジオ英会話」

NHKラジオ英会話で英語が話せるようになる実際に効果の出た勉強法(私もやってます)

名古屋BEGビジネス英会話ジム
パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。

このページに興味を持っていただきありがとうございます。この記事があなたの英語、そして人生を変えるようなものになることを願っております。

この記事は、

毎日仕事が忙しくて勉強時間は取れないし、まして英会話は初心者レベル…。一体どうやって勉強をすれば英語が話せるようになるんだろう?英語の勉強を続けられるんだろう?と、よい勉強法を探していたり、

過去に英語を勉強したり英会話スクールに通ったりしたけど、まだ英語を話せるようになっていない。どうしたらいいんだろう?…とお悩みのビジネスパーソンの方が、

1日15分番組の『NHKラジオ英会話』を聴いて英語が話せるようになるための、実際に効果が出た勉強法をご紹介します。

『ラジオ英会話』をご存知ですか?

英語学習者の間ではよく知られている、NHKラジオの長寿英語番組です。

英会話スクール、英語コーチングスクール、オンライン英会話、TOEIC学習、様々な英語教材…など今は選択肢も多いです。それ故にどれをやればいいのか迷う、悩む。

いくつかやってみたけど、どれもいまいちピンとこなかった、英語話せるようにならなかったという方は、ぜひ『ラジオ英会話』を聴いてみてはいかがでしょう?

長寿番組だけあって、内容が抜群に充実しています。日常的に使える英語表現が盛りだくさんです。

話せるようになりすぎて、相手に「あ、この人英語話せる人なんだ」と思われるから逆に困るんです!というリスナーの方もいらっしゃるくらいです。

なんとなく言ってることは分かるんだけど、英語が口から出てこない…

という方にはピッタリな番組ですね!

ただしどんなに良い番組であっても「1日15分聴くだけ」では英語を話せるようにはなりません。

ではどうすればいいのか?どうすれば『ラジオ英会話』を最大限活用して英語が話せるようになるのか?

独学で『ラジオ英会話』を活用できて英語を話せるようになるための学習法をご紹介します。

私も昔やっていましたし、私の生徒さんたちも今やっていてかなり成果を出している方法なので自信を持っておススメします!

PC・スマホで聴ける『ラジオ英会話』を使えば、通学も必要なく、自宅で好きな時間に、そして安価に(テキスト代月額550円)、英語を効果的に学べます。

『ラジオ英会話』ってなに?知らない…という方も、ぜひこの記事をご一読ください。長寿番組にはそれなりの理由があるんです。

 

挫折する人がいない!ダジャレに期待!?『ラジオ英会話』を聴くのが止まらない!

私が初めて『ラジオ英会話』を聴いたのは、かれこれもう20年以上前のこと。アメリカの会社で働くために英語を必死で勉強していた頃でした。

当時の講師はマーシャ・クラッカワーさんという女性の方でした。日本語もペラペラで英語もネイティブ。おそらく帰国子女的な方だったのだと思いますが憧れました。

そして2018年からは大西泰斗(おおにしひろと)先生が講師となっており、数あるNHK英語番組の中でも大ヒット番組となっています。

2018年の記事ですが、こちらに載っていました。

異例の大ヒット! 大西泰斗「NHKラジオ英会話」は、挫折する人なし!? 大西流“話すための英文法”とは?(NHK出版)

挫折する人がいない!
続けられる!
テキストが重版された!(月刊誌では異例)

大人気番組となっています。

分かります。だって面白いし楽しいから。

生徒さんたちも聴いていますが(もちろん私も聴いています)、今のところ脱落者がゼロです!

そして2021年4月からの新講座も大西先生が担当されています。

オープンチャット「ラジオ英会話のフレーズを効率的に覚えたい!そして英語を話せるようになりたい!人向けのオープンチャット」

 

『ラジオ英会話』を使い倒して英語を話せるようになる勉強法 その①

☆1日3回聴く

『ラジオ英会話』は月曜日~金曜日に放送されます。金曜日は月~木の復習回です。1回15分です。

まずは毎日『ラジオ英会話』をしっかり聴くこと。1日3回聴くこと!最初の一回は机に向かってメモを取りながら、声を出しながら集中して聴きます。あと2回は通勤途中や休憩時間などに聴いてもOKです。

1日1回15分だけでは残念ながら効果が薄いです(次の日にはほぼ内容を忘れます汗)なのでその15分がムダになるようでもったいないんです。より効果を高めるためにも1日3回は聴いてください。

余談ですが、

20年前に1日3回聴くために、私は「カセットテープ」にラジオから番組を録音していました!AMラジオなので「ガーピー」っていう雑音交じりでした(笑)今はクリアな音声がいつでも聴けて本当にいい時代だなと思います!

● PCから聴く
・リアルタイム
NHKラジオ らじる☆らじる
放送時間:月曜~金曜 午前6:45~7:00
再放送:午後 0:25~0:40、9:45~10:00
再放送:日曜日 午後 4:30~5:45(月~金までの1週間分)

・1週遅れのストリーミング放送
NHKゴガク聞き逃し
毎週月曜日の朝10時に更新されます

● スマホから聴く
アプリ「NHKラジオ らじる☆らじる」※上の画像です
このアプリでリアルタイムも1週遅れのストリーミング放送も聴けます。

※ストリーミング放送は、月~金までの1週間分の放送が翌週中であればいつでも聴ける便利なシステムです。1日3回をリアルタイムで聴くのはなかなか難しいので私はストリーミング放送で聴いています。

 

『ラジオ英会話』を使い倒して英語を話せるようになる勉強法 その②



☆徹底的に音読する

1日3回聴いたとしても、残念ながら3日も経てば内容をほとんど忘れてしまうのが人間です。

講師の大西泰斗先生もおっしゃっていますが、英語を話せるようになるためには「英語のフレーズをたくさん覚えること」が重要。せっかく番組で「使える!」と思ったフレーズに出会っても、いざ話したいときには忘れてしまって出てこない…

「アレ!あのとき覚えたアレ!なんだっけ??」そんな悔しい経験ないですか?思い出せたら返事ができたのに、話せたのに!!と。

今回こそ!覚えたフレーズをしっかり定着させて話せるようにしましょう。さてどうするか?

私が実際に今でも使っている方法です。

まずは音読。耳から聴くだけでは足りません。何回も何回も声にして口から出して覚えてください。

大西先生は100回音読を薦められています!

私は100回もできないので(大西先生、ごめんなさい!)おススメの回数は「その日に出てきた英文を全て7回ずつ音読」×7セットです。

① その日のダイアログを最初から最後まで7回読む
② 他に出てきた例文を全て7回ずつ読む
③ 英作文問題をそれぞれ7回読む。

①~③で1セット。これを7セット。

7セットやると30分くらいかかってました。

時間と相談しながら ×3セットにするのか、×5セットにするのかを決めるといいです。×1セットは最低ラインです!

最初は英文を目で追いながら読んでいたとしても、3セット目くらいになると覚えてしまって目を閉じても言えるようになります。

☆音読のポイント☆

目を閉じて言えるようになっても、ただ「読んでいる」だけなのはもったいないです。ぜひ「文の構造を意識しながら」そして「シチュエーションを頭に浮かべながら」読んでください。

番組で大西先生が解説してくれたことを意識する。そしてシチュエーションを頭の中で思い描き、自分が登場人物になったつもりで感情をこめて読むことです。これ、とっても効果ありますよ!

30分も声を出して音読を続けるのは大変だと思いますが、大変な分効果は抜群です。最初は無理なく、少しずつやってみてくださいね。

※画像:音読する箇所(例)を赤で囲ってあります

 

『ラジオ英会話』を使い倒して英語を話せるようになる勉強法 その③

☆復習で英語を長期記憶にする

1日に3回放送を聴き、毎日30分音読しても、残念ながら1週間もすると忘れてしまいます…涙

一体どうしたらいいのか??

今回は『ラジオ英会話』で覚えた英語を「長期記憶」まで持っていき、実際に話せるようになることを目標にしています。

長期記憶とは、自分の名前や仕事の手順などように「絶対に忘れない」そして「いつでも取り出せる状態になっている」記憶のこと。

そのために効果的なのが「暗記系アプリ」です。

※画像は『分散学習帳』という暗記アプリですが、「暗記」と入力してアプリを探すといろいろ出てきます。私はこの『分散学習帳』を使っています。

『分散学習帳』だけでなくどれでもそうだと思いますが、暗記系アプリは「人間が一番記憶しやすいサイクル」で復習をさせてくれます。

人間が一番記憶しやすいサイクルというのは実際に存在するそうです。そのサイクルは脳科学上で証明されているとのこと。

やみくもに毎日毎日時間をかけて復習するよりも、科学的なサイクルに基づいて復習をする方が効率がよく、且つ長期記憶に入りやすいそうです。

私には脳科学的なことは一切分かりませんが、そのサイクルで復習すると確かに定着を実感します。なので納得してアプリを使っています。

実際に私がやっていたやり方は、

その日に学んだフレーズ、そしてそのフレーズを使った英文を問題ページに入力し、その日本語訳を回答ページに入力します。

問題ページ

**turn on:
Can you turn on your video?

**see:
I can’t see you.

 

回答ページ

**turn on: ~のスイッチをつける、オンにする
Can you turn on your video?
(ビデオのスイッチを入れてくれる?)

**see: 向こうから目に入ってくる「見る」
I can’t see you.
(あなたが見えません)

↑こんな風に。

そして復習するときは、問題ページを見て単語やフレーズの意味を思い出し、回答ページで確認する。そのまま使える文章は丸ごと覚えてしまいましょう。

こんな便利なアプリを利用しない手はありません!

使える英語の語彙やフレーズを定着させることができれば、いざ会話になったときにそれらが口から出せます。これは私の生徒さんたちの感想でもあります。

『ラジオ英会話』を毎日続ければ必ず英語は伸びます。聴いて音読して、復習して暗記して、そして今年こそは英語を話せるようになる!という目標を叶えましょう♪

『ラジオ英会話』勉強法まとめ

☆1日3回聴く

☆徹底的に音読する
① その日のダイアログを最初から最後まで7回読む
② 他に出てきた例文を全て7回ずつ読む
③ 英作文問題をそれぞれ7回読む。
①~③で1セット。これを7セット。

☆復習で英語を長期記憶にする
「暗記系アプリ」の活用

 

でも一人じゃできない続かない…!私たちと一緒にやりませんか?

「『ラジオ英会話』を使って勉強するやり方は分かった。時間も選ばないし、費用もかから無さそうだし、効果もありそう。興味あるし、ぜひやってみたい」

でも、一人じゃ続かないしなあ…

なんて不安を感じてませんか?

また挫折するんじゃないか?どうせ途中で辞めてしまうんじゃないか?また同じことの繰り返しなんじゃないか…?

もしそんな不安をお持ちなら、私たちと一緒に『ラジオ英会話』を聴いて、勉強して、復習しませんか?

オープンチャット「ラジオ英会話のフレーズを効率的に覚えたい!そして英語を話せるようになりたい!人向けのオープンチャット」

LINEのオープンチャットで、毎回(ストリーミング)放送の復習コンテンツをシェアしています。

チャット名「ラジオ英会話のフレーズを効率的に覚えたい!そして英語を話せるようになりたい!人向けのオープンチャット」です。

2021年10月現在で、メンバー数は150名を超えています。

これだけ『ラジオ英会話』を聴いているメンバーが集まっています。しかも真剣に毎日聴いている方が多いです。

そしてなにより、放送の復習内容を自分でまとめるのは時間がかかります。そのまとめを私がしてチャットにシェアしています。

 

シェアしている「まとめ」の例


それを『分散学習帳』などの記憶アプリにコピペするだけで、効果的な復習ができます。

また、毎晩シェアが流れてくることで「やらなきゃ!」となりますし、また「みんな頑張ってる、よし聴こう!」という気持ちにもなれます。一人より続けやすいです。

さらに、LINEのオープンチャットだと流れていってしまう「まとめ」を後から復習できるように、このブログ上で毎日のまとめをメンバー限定で公開しています。

もちろん2021年4月のLesson1からのまとめを全てご覧いただけます。

ラジオ英会話 2021年4月号~各放送回のまとめ

ラジオ英会話 2021年5月号~各放送回のまとめ

ラジオ英会話 2021年6月号~各放送回のまとめ

ラジオ英会話 2021年7月号~各放送回のまとめ

ラジオ英会話 2021年8月号~各放送回のまとめ

ラジオ英会話 2021年9月号~各放送回のまとめ

ラジオ英会話 2021年10月号~各放送回のまとめ

もちろんこれからも追加していきます!

オープンチャットのメンバーの方は、『ラジオ英会話』を最大活用できるようにと配慮しています。もちろんチャット内での質問もOKですよ!

 

ぜひ、あなたの英語学習にご利用ください。

 

名古屋駅前にある短期ビジネス英会話パーソナルジム
「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階

TEL:080-6900-1868
当教室の詳しいご案内はこちら
生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 080-6900-1868

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。