ラジオビジネス英語 2022年8月/2月号各放送まとめ

【ラジオビジネス英語】Lesson 49 税制優遇策について話し合う – Aug 1 Monday, 2022

Aug 1 Monday, 2022
Lesson 49 税制優遇策について話し合う

Words and Phrases

**video call:
Sorry for the video call in the late evening.

**tax incentive:
**electric cars:
According to Dr. Patel’s email, a new tax incentive for electric cars is in the works.

**be eligible for ~:
If we could increase our production rate of electric cars to 40 percent, we might be eligible for it.

**walk in the park:
That’s no walk in the park.

**ratio:
**recalibrate:
**logistics:
**machinery:
**human resources:
If we increase the ratio of electric cars, we’ll have to recalibrate everything from logistics and machinery to human resources.

**be at it:
**finalize:
**component supplier:
**current plan:
We’ve been at it for the last week, finalizing discussions with our component suppliers based on the current plan.

**square one:
It’ll be back to square one for everybody.

**benefit:
This incentive will benefit our suppliers, too.

 

Business Phrase of the Day

It’ll be back to square one for everybody.

square one(振り出し、出発点)を使った「振り出しに戻る」という意味のフレーズ。

square は「(すごろく盤やチェス盤などの)マス目」で one は「最初」。

be back to square one は「振り出しに戻った状態である」です。

 

I need to relearn calculus from square one.
**calculus:

Let’s go back and recheck the site from square one.
**site:

They didn’t accept the proposal. That means we’re back to square one.

 

Alternative Expressions

「振り出しに戻る」と伝えるフレーズ

start from scratch:
Maybe we’ll come up with a better idea if we start from scratch.
**come up with:

※scratch とは?

 

go back to the drawing board:
Does that mean we need to go back to the drawing board?

※drawing board とは?

 

start over:
I accidentally deleted the file. I need to start all over again.
**accidentally:

 

Upgrade Your Communication Skills

反論にはまずロジックで返す
相手が自分の意見に反対してきたときには、相手の発言の真意を探りながら、納得感のあるコメントを返すことが重要。それにはまずロジックが必要。

☆Dialogue☆

A: A 50% sales increase in three years? How do you come up with such a figure when we’ve barely achieved this year’s target? I understand your position as the accounting manager, but you should understand the tough market environment.

B: I know it’s not an easy figure, but if sales increased by 15% a year, you would achieve that target. In the past five years, there were three times when the increase exceeded 15% year on year, so I think it should be within range.

**barely:
**achieve:
**tough market environment:
**figure:
**exceed:
**year on year:
**within range:


Aug 1 Monday, 2022
Lesson 49 税制優遇策について話し合う
(日本語訳・解説付き)

Words and Phrases

**video call: ビデオ通話
Sorry for the video call in the late evening.
夜遅い時間のビデオ通話で申し訳ありません。

 

**tax incentive: 税制優遇
**electric cars: 電気自動車

According to Dr. Patel’s email, a new tax incentive for electric cars is in the works.
パテルさんのメールによると、電気自動車に対する新しい税制優遇策が導入されるようですね。

 

**be eligible for ~: ~の対象である、~をする資格がある
If we could increase our production rate of electric cars to 40 percent, we might be eligible for it.
もし電気自動車の生産割合を40%に引き上げることができれば、その対象になるかもしれません。

 

**walk in the park: 誰にでもできること、朝飯前
That’s no walk in the park.
それは簡単なことではありません。

 

**ratio: 割合、対比、比率
**recalibrate: 再調整する
**logistics: 物流(管理)、ロジスティクス
**machinery: 機械
**human resources: 人的資源、人材

If we increase the ratio of electric cars, we’ll have to recalibrate everything from logistics and machinery to human resources.
もし私たちが電気自動車の割合を引き上げるとなると、私たちは物流から機械、人材まですべてを見直す必要があります。

 

**be at it: 精力的に仕事などをしている、精力的に仕事などに取り組んでいる
**finalize: 終了させる、決着をつける
**component supplier: 部品サプライヤー
**current plan: 現時点での計画、現在の計画

We’ve been at it for the last week, finalizing discussions with our component suppliers based on the current plan.
先週から、現時点での計画をもとに部品サプライヤーと最終的な詰めを懸命に行っているところです。

 

**square one: 振り出し、出発点
It’ll be back to square one for everybody.
みんなが振り出しに戻ることになります。

**benefit: 恩恵を与える
This incentive will benefit our suppliers, too.
この優遇措置は私たちのサプライヤーにも恩恵を与えます。

※benefit は名詞と動詞の使い方があります。名詞だと「恩恵」です。

 

Business Phrase of the Day

It’ll be back to square one for everybody.
この優遇措置は私たちのサプライヤーにも恩恵を与えます。

square one(振り出し、出発点)を使った「振り出しに戻る」という意味のフレーズ。

square は「(すごろく盤やチェス盤などの)マス目」で one は「最初」。

be back to square one は「振り出しに戻った状態である」です。

 

I need to relearn calculus from square one.
微分積分をイチから勉強し直す必要がありました。
**calculus: 微分積分

Let’s go back and recheck the site from square one.
最初に戻って現場を再チェックしましょう。
**site: 現場、場所、拠点

They didn’t accept the proposal. That means we’re back to square one.
提案は受け入れてもらえませんでしたね。つまり、振り出しに戻る、ということです。

 

Alternative Expressions

「振り出しに戻る」と伝えるフレーズ

start from scratch: ゼロから出発する、原点に戻る
Maybe we’ll come up with a better idea if we start from scratch.
ゼロから始めたら、もっといい考えが浮かぶかもしれません。

**come up with: (アイデアなどを)思い付く、考え付く、考え出す

※scratch は「初めから」という意味。たとえば IT業界で「スクラッチ開発」というと、パッケージではなく一からオリジナルのシステムを開発すること。

 

go back to the drawing board: 最初に戻る
Does that mean we need to go back to the drawing board?
つまり、最初に戻る必要があるということですか?

※drawing board は「製図版」のことで、最初に絵を描くもの。

 

start over: 最初からやり直す、もう一度やり直す
I accidentally deleted the file. I need to start all over again.
誤ってファイルを削除してしまいました。最初から全部やり直さなくてはならないです。

**accidentally: うっかり(と)、誤って

 

Upgrade Your Communication Skills

反論にはまずロジックで返す
相手が自分の意見に反対してきたときには、相手の発言の真意を探りながら、納得感のあるコメントを返すことが重要。それにはまずロジックが必要。

☆Dialogue☆

A: A 50% sales increase in three years? How do you come up with such a figure when we’ve barely achieved this year’s target? I understand your position as the accounting manager, but you should understand the tough market environment.

3年で売り上げ50%アップ?今年の目標をやっと達成したところなのに、どこからそんな数字が出てくるのですか?経理課長としてのお立場は分かりますが、今の厳しいマーケット環境をご理解いただきたいですね。

**barely: 辛うじて(~する)、やっと(~する)、~するのがやっと、どうにかこうにか、ギリギリ
**achieve: 達成する
**tough market environment: 厳しいマーケット環境、厳しい市場環境

 

B: I know it’s not an easy figure, but if sales increased by 15% a year, you would achieve that target. In the past five years, there were three times when the increase exceeded 15% year on year, so I think it should be within range.

簡単な数字ではないのは分かりますが、売り上げが毎年15%ずつ増えていけば、その目標に届くのです。前の年と比べて、増加率が15%を超えた都市が過去5年間に3回ありましたから、射程内のはずです。

**figure: 数字、(数字の)桁
**exceed: (程度・限度などを)超える、上回る、突破する

**year on year: 対前年比の
※ある年の一定期間の数値(金額など)と前年の同期間との比較

**within range: 射程内、射程内で

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業へ飛び込み!ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 本気で英語を話せるようになりたい、英語を話せるようになって今の自分を変えたい、という「真剣に英語と向き合いたい」方向け。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。
RELATED POST