ラジオ英会話 2024年6月号~各放送回のまとめ

【ラジオ英会話】Lesson 44 基本文型 説明型 – wh節を説明語句に – June 6 Thursday, 2024

June 6 Thursday, 2024
Lesson 44 基本文型 説明型 – wh節を説明語句に

Words & Phrases

**think of ~:
Yes, most people only think of cowboys when they think of Dallas.

**sign:
**say:
**competition:
And look at that sign over there. It says something about a piano competition.

**fairly:
**recent:
Well, 2013 is when it was started, so it’s fairly recent.

 

Grammar and Vocabulary

This is the hospital where I was born.

関係詞節修飾
where を用いた関係詞節修飾が行われている

この文では、先行詞(修飾される名詞)を where 以下の節で説明。where 以下は「その場所で何が起こったのか」の説明をしている

 

It says something about a piano competition.

無生物主語
英語が得意とする、人・動物以外を主語とする文

 

『ラジオ英会話』がビジネスシーンでの「英語雑談」に最強な理由こんにちは。 名古屋駅前にて、仕事で外国人の同僚・上司・顧客と「英語で雑談」ができるようになるためのビジネス英会話ジムのNorik...

 

Target Forms

2013 is when it was started.

説明型(SVC)の説明語句にはwh節も使うことができる

wh節は、wh疑問文(wh語を使った疑問文)と似ているが、疑問形を伴わない – したがって疑問の意味のない – 文の部品

この文の when it was started は「それがいつ始められた(のか)=それが始められたとき」で、疑問の意味はない

wh疑問文=When was it started?(いつそれが始められましたか?)と明確に区別すること

Practice
wh語を用いてはいても、疑問文ではないwh節の形に注意して文を練習しましょう

when it was started

2013 is when it was started.

Here’s what I think.

→ what I think は「私が何を考えている(のか)=私が考えていること」

 

Mio is who I spoke to.

→ who I spoke to は「私が誰に話しかけた(のか)=私が話しかけた人」

 

This house is where I used to live.

used to ~ は「以前はよく〜した・かつて~だった」

where I used to live は「私がどこにかつて住んでいた(のか)=私がかつて住んでいた場所」

Practice

D: All right. Today’s practice is about「wh節」 And guess what, just like「that節」and「if/whether節」we can use「wh節」to describe the subject, so just the same, let’s practice and master them.

R: Okay guys, let’s begin,

– what I think, what I think
– Here’s what I think.

D: Great job. Let’s keep it up,

– who I spoke to, who I spoke to
– Mio is who I spoke to.

R: Keep going,

– where I used to live, where I used to live

Full sentence,

– This house is where I used to live.

D: Unlock your potential.

R: Repetition is the key!

D&R: Great work.

 

Grammar in Action

①3時がその映画の開始時間です。間に合いますか?

②これは私が注文したモノではありません。私はシーザーサラダを頼んだのです

③アトランタは私の両親の出身地です。私はタンパで育ちました

 

Ending

O: Tampa is a beautiful city in Florida, right? I’ve actually stayed there for a couple of months.

D: I spent a couple of summers there when I was a little kid. It’s really beautiful place, Tampa.


June 6 Thursday, 2024
Lesson 44 基本文型 説明型 – wh節を説明語句に
(日本語訳・解説付き)

Words & Phrases

**think of ~: ~を思い浮かべる💭

Yes, most people only think of cowboys when they think of Dallas.
そうだね、大抵の人はダラスについて考えるとき、カウボーイのことしか思いつかないんだ

※ think of ~ は、imagine(想像する、心に描く)に近い感触を持ったフレーズです!

 

**sign: 看板、標識
**say: ~と書いてある
**competition: コンクール、競争

And look at that sign over there. It says something about a piano competition.
それに、あそこにある看板を見て。ピアノのコンクールについて何 か書いてあるわ

 

**fairly: かなり
**recent:(出来事などが)最近の、少し前の

Well, 2013 is when it was started, so it’s fairly recent.
うん、それが始まったのは2013年だから、比較的最近だね

 

Grammar and Vocabulary

This is the hospital where I was born.
これが、私が生まれた病院です

関係詞節修飾
where を用いた関係詞節修飾が行われている

この文では、先行詞(修飾される名詞)を where 以下の節で説明。where 以下は「その場所で何が起こったのか」の説明をしている

 

It says something about a piano competition.
そこにはピアノのコンクールについて何か書いてあります

無生物主語
英語が得意とする、人・動物以外を主語とする文

 

『ラジオ英会話』がビジネスシーンでの「英語雑談」に最強な理由こんにちは。 名古屋駅前にて、仕事で外国人の同僚・上司・顧客と「英語で雑談」ができるようになるためのビジネス英会話ジムのNorik...

 

Target Forms

2013 is when it was started.
2013年はそれが始められたときです

説明型(SVC)の説明語句にはwh節も使うことができる

wh節は、wh疑問文(wh語を使った疑問文)と似ているが、疑問形を伴わない – したがって疑問の意味のない – 文の部品

この文の when it was started は「それがいつ始められた(のか)=それが始められたとき」で、疑問の意味はない

wh疑問文=When was it started?(いつそれが始められましたか?)と明確に区別すること

Practice
wh語を用いてはいても、疑問文ではないwh節の形に注意して文を練習しましょう

when it was started

2013 is when it was started.

Here’s what I think.
私が考えているのはこうです

→ what I think は「私が何を考えている(のか)=私が考えていること」

 

Mio is who I spoke to.
ミオは私が話しかけた人です

→ who I spoke to は「私が誰に話しかけた(のか)=私が話しかけた人」

 

This house is where I used to live.
この家は私がかつて住んでいた場所です

used to ~ は「以前はよく〜した・かつて~だった」

where I used to live は「私がどこにかつて住んでいた(のか)=私がかつて住んでいた場所」

Practice

D: All right. Today’s practice is about「wh節」 And guess what, just like「that節」and「if/whether節」we can use「wh節」to describe the subject, so just the same, let’s practice and master them.

R: Okay guys, let’s begin,

– what I think, what I think
– Here’s what I think.

D: Great job. Let’s keep it up,

– who I spoke to, who I spoke to
– Mio is who I spoke to.

R: Keep going,

– where I used to live, where I used to live

Full sentence,

– This house is where I used to live.

D: Unlock your potential.

R: Repetition is the key!

D&R: Great work.

 

Grammar in Action

①3時がその映画の開始時間です。間に合いますか?

Three o’clock is when the movie starts. Can you make it?

 

②これは私が注文したモノではありません。私はシーザーサラダを頼んだのです

This isn’t what I ordered. I asked for a Caesar salad.

 

③アトランタは私の両親の出身地です。私はタンパで育ちました

Atlanta is where my parents are from. I grew up in Tampa.

 

Ending

O: Tampa is a beautiful city in Florida, right? I’ve actually stayed there for a couple of months.

D: I spent a couple of summers there when I was a little kid. It’s really beautiful place, Tampa.

名古屋駅前にあるビジネス英語&仕事での英語雑談力をつけるための「名古屋BEGビジネス英会話ジム」

営業時間:平日 9:00~22:00 土曜日 9:00~19:00(日祝休み)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目40-16 名駅野村ビル 5階


生徒さんのご感想
アクセス
お問い合わせフォーム

友だち追加
↑LINEからのお問い合わせにはお友達追加をお願いします。

ABOUT ME
Noriko
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業で働く。ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英語講師へ。 海外営業時代は英語で様々な国の顧客とやり取りし、交渉し、コミュニケーションを取り営業をおこない、「Norikoがそう言うなら信じるよ!」と言われるほどの信頼関係を築く。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。
こんな記事もおすすめ