ニュースで学ぶ「現代英語」

沖縄県 基地問題の早期解決求める~ニュースで学ぶ現代英語(2022年5月26日(木)の放送)

ニュースで学ぶ現代英語(2022年5月26日(木)の放送)

今年(2022年)の5月15日は、沖縄返還50周年です。

最近英語で「沖縄における米軍基地問題の歴史」に関するニュースを読んでいます。

沖縄にある米軍基地の存在が問題となっていることは見聞きしていましたが、一体そもそも何が問題なのか?はよく分かっていませんでした。

根深い問題があるのですね…。

 

OKINAWA CALLS FOR RESOLUTION OF U.S. MILITARY BASE ISSUES

The southern prefecture of Okinawa has urged the governments of Japan and the U.S. to resolve issues related to U.S. military bases in the prefecture.

This comes ahead of the 50th anniversary of its return from U.S. control to Japan on May 15. The request was among proposals released by Okinawa on Saturday.

**the southern prefecture of Okinawa: 南部の県である沖縄
**urge:(強く)要望する、要請する
**resolve: 解決する
**issue: 問題
**related to: ~に関連している、~に結び付いている
**ahead of: ~の前に
**return: 返還
**released: (情報を)公表する、解放する、自由にする

※The request was among proposals released by Okinawa on Saturday. は、「そのリクエストは提案の中にありました、沖縄によって公表された…」となります。

 

The document says the central government and prefecture shared the goal of making Okinawa “islands of peace” at the time of their return.

But 50 years later, that goal has not been achieved. It calls for more public awareness about the importance of Okinawa’s return.

**central government: 中央政府(つまり日本政府)
**of making Okinawa “islands of peace” : 沖縄を「平和な島」にすること
**achieve: 達成する
**calls for: ~を(求めて)呼びかける、要求する
**public awareness: 人々の認識(人々=日本国民)

 

The proposals urge Tokyo and Washington to fundamentally review the Status of Forces Agreement.

They call for a plan to relocate the U.S. Marine Corps Futenma Air Station within the prefecture to be scrapped.

Work is underway to move the base from an urban area to a coastal one that’s less populated.

**The proposals: それらの提案(沖縄県が公表したもの)
**fundamentally: 抜本的に
**the Status of Forces Agreement: 地位協定(SOFAと略されることも)
**relocate: 移転する、移設する
**underway: ~が進行中である
**urban area: 都市部
**coastal one: 沿岸部(one は前の area を受けています)
**less populated: より人口が少ない

 

Okinawa Governor Tamaki Denny plans to personally deliver the document to Prime Minister Kishida Fumio and the U.S. ambassador in Tokyo.

**personally: 個人的に、自ら、直接
**ambassador: 大使

 

沖縄県 基地問題の早期解決求める

(日本の)南部にある沖縄県は、日米両政府に県内のアメリカ軍基地に関する問題を解決することを求めました。この要請は沖縄がアメリカの統治下から本土に復帰して5月15日で50年となるのを前に行われたもので、沖縄県が土曜日(5月7日)に公表した提案の1つでした。

沖縄県がまとめた文書(建議書)では、本土復帰時、政府と沖縄県は沖縄を「平和の島」とするという目標を共有していたが、その目標は50年たった今もいまだ達成されていないとしています。そのうえで、沖縄の本土復帰の重要性について、国民全体が認識することを呼びかけています。

また、(在日米軍基地の在り方を定めた)日米地位協定を抜本的に見直すことを日本とアメリカの両政府に求め、アメリカ軍普天間基地の県内移設計画の断念を建議するとしています。普天間基地をめぐっては、(人口が密集する)都市部から人口が少ない沿岸部(名護市辺野古)への移設が進められています。

沖縄県の玉城デニー知事は東京で、岸田文雄総理大臣とアメリカの(エマニュエル)駐日大使に直接、建議書を手渡す予定です。

 

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカのアリゾナ州フェニックスにある企業へ飛び込み!ホームシックになりながらも勤め上げる。 帰国後は名古屋で海外営業、輸出入関連業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。 英語の勉強が続けられない…という生徒さんたちの悩みを受けて「強制的に英語を継続させる」英会話パーソナルトレーナーに進化しました。 本気で英語を話せるようになりたい、英語を話せるようになって今の自分を変えたい、という「真剣に英語と向き合いたい」方向け。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断(往復)したこともアリ。若かった…。