ラジオ英会話 2021年4月号~各放送回のまとめ

April 9, 2021, Friday

April 9, 2021, Friday

Lesson 10 Review

 

☆Listening Challenge

 

Monday: 

What will they probably do? 

 

Tuesday: 

Which of the following is true?

 

Wednesday: 

Where’s the man’s wallet?

 

Thursday: 

What did the woman find hard to believe?

 

☆Say it in English

①同僚から好きだと打ち明けられたあなた。でもあなたは同僚とは付き合わないことにしています。トラブルになる可能性があるから。「友達のままでいましょう」と提案してください。

 

同僚: It’s hard to say, but… I have feelings for you.

 

**date: 

**coworker: 

**lead to trouble:

**can: 

 

②あなたの友人は楽譜が読めません。楽器に触ったこともありません。でもロックバンドのコンサートに行ったあと、両親に学校を辞めてバンドを始めると言い出したようです。当然両親は大反対。「どう思う?」とたずねる友人に応えてください。例えば「真面目な話、ご両親のアドバイスに耳を傾けるべきです。さもないと後で悔やむことになるかも知れません」など。

 

友達: What do you think?

 

**otherwise: 

**should: 

**may: 

――――――――――――――――――――――――――――

 

April 9, 2021, Friday

Lesson 10 Review

(日本語訳・回答付き)

 

☆Listening Challenge

 

Monday: 

What will they probably do? 

(彼らはきっとどうするだろうか?)

>They will not go to Pierre’s party.

 

Tuesday: 

Which of the following is true?

(次のうちどれが正しいですか?)

>The man needs to think outside the box.

 

Wednesday: 

Where’s the man’s wallet?

(男性の財布はどこにありますか?)

>In the taxi.

 

Thursday: 

What did the woman find hard to believe?

(女性は何が信じられないと思いましたか?)

>That Fred didn’t practice before the filming.

 

☆Say it in English

①同僚から好きだと打ち明けられたあなた。でもあなたは同僚とは付き合わないことにしています。トラブルになる可能性があるから。「友達のままでいましょう」と提案してください。

 

Coworker: It’s hard to say, but… I have feelings for you.

(言いにくいんだけど、君のことが好きなんだ)

 

You: Sorry, but I don’t date coworkers. It can lead to trouble. Let’s just be friends.

 

**date: 付き合う

**coworker: 同僚

**lead to trouble: 面倒なことになる

**can: ~しうる、~することがある ※潜在的な可能性に言及する can の使い方

 

②あなたの友人は楽譜が読めません。楽器に触ったこともありません。でもロックバンドのコンサートに行ったあと、両親に学校を辞めてバンドを始めると言い出したようです。当然両親は大反対。「どう思う?」とたずねる友人に応えてください。例えば「真面目な話、ご両親のアドバイスに耳を傾けるべきです。さもないと後で悔やむことになるかも知れません」など。

 

Friend: What do you think?(どう思う?)

You: Seriously, you should listen to your parents’ advice. Otherwise, you may regret it later.

 

**otherwise: そうしなければ、さもないと

**should: ~すべき

**may: ~かもしれない

 

※should を listen to の前に、そして you may を regret の前に意識する!

 

See you next week!

ABOUT ME
Noriko Tanami
名古屋BEGビジネス英会話ジム、代表兼パーソナルトレーナー。心理カウンセラー。 高校で挫折した英語を社会人でやり直し、アメリカはアリゾナ州フェニックスの企業へぶっ飛んだ行動派。帰国後は名古屋で海外営業、貿易業務、海外人材教育などに携わった後に英会話講師へ。リアルな現場で通じる英語を教える講師としてビジネスパーソンから就活中の大学生まで広く支持を集める。 アメリカ大好きすぎて北米大陸を3ヶ月かけて横断したこともアリ。若かった…。